育毛や増毛のことを考えて、こだわりを持ちたい商品の一つであるシャンプー。

「ノンシリコン」や「アミノ酸系」だったりシャンプーにおいては色々なシリーズが存在します。

薄毛にお悩みで育毛、増毛をしたい方は、多くの種類があるシャンプーの中でどんな物を利用すれば良いのでしょうか?

こんなシャンプーを選べばベスト

育毛や増毛という形で考慮したケースでは、アミノ酸系洗浄成分をベースとした刺激の弱いシャンプーを採用する事がオススメです

アミノ酸は髪や頭皮の成分に近く、じかに頭皮に接触しても刺激の少ないものなのです。

それにもかかわらずアミノ酸の特殊性でもある洗浄力が適度にあるから、育毛や増毛にお困りの人においては、理想的なシャンプーと言われています。

さらに、市販で販売されているシャンプーというのは、高級アルコール系(ラウレス硫酸ナトリウムなど)のタイプがほとんどで、泡立ちがよく洗浄力が抜群であるケースが際立ちます。

このシャンプーというのは、少しで脂汚れを落とす効果も起こる成分がたくさん入っていて、頭皮に必要不可欠な皮脂さえも落としてしまう恐れが存在するから、薄毛の方の頭皮においてはふさわしくないとのことです。

アミノ酸系洗浄成分をメインとした低刺激シャンプーは洗浄する力が弱いと勘違いされがちですが、低刺激シャンプーでも、頭皮の汚れというのは丁寧に落としてくれるでしょう。

ただし、低刺激シャンプーで洗い足りなければ感じる人は、2度洗いやすすぎの場合間を長くしてみたり、アイデアで充実感を獲得するような形でみたらいいと思います。

もう一度確かめておきたい正しいシャンプーの方法

適切なシャンプー方法を学習するキッカケというのは、そんなに多くはあるわけありません。

日々の洗い方によっては、抜け毛をアップする要因にもつながる可能性があるとも言われていますので、是非ともこれをチャンスにして、抜け毛と関連する危険性を少なくする刺激が少ないシャンプー方法を認識しておいた方が良いでしょう。

お湯洗い

シャンプー前に、とりあえずはきちんとお湯で髪を綺麗にすることを意識しましょう

シャンプー剤を髪に付ける前には、毛髪を濡らすといった方がおおかたのはずです。

このような場合は髪を濡らすことはせず、すすぐ意識でするといいでしょう。

どんなに髪が短くとも2、3分を目処に丁寧にお湯で洗います。お湯の温度はぬるめの38℃程度がちょうど良いとのことです。

お湯がやたら熱すぎると頭皮に対しての刺激がパワーアップする以外に、脂分の落としすぎにより乾燥をまねき、薄毛に及ぶ傾向が高くなるとも言われているからです。

シャンプー剤のつけ方

お湯できちんと髪を洗髪した後は、シャンプー剤を手にとって髪を綺麗にします。

男の人の場合では、シャンプーを手にとったらじかに髪に付けて、ゴシゴシして泡を立てているという人が多いかもしれないが、これは毛髪においてはストレスが起こる洗い方とのことです。

とりわけ薄毛の人の頭皮というのは刺激に過敏になっているから、シャンプー剤を頭皮にじかに塗り込むということは控えるべきです

500円玉くらいのシャンプーの量を手の平に出して、ちょっと水をプラスして軽く泡を立てて、その泡を髪にのせてよく泡立てて洗髪することを意識しましょう。

洗い方

洗髪する際のポイントは、髪の生え際より頭頂に向けて、指の腹で頭皮をソフトにマッサージするやり方で綺麗にしていきます。

頭全面にシャンプーの泡が浸透する感じに、全体をくまなく洗髪します。

何があっても爪を立てて頭皮を傷付けたりすることがないようにお気を付けください。

流し方

お次に、毛髪をシャンプーした後に汚れを落とすやり方になります。

流し方というのは、薄毛対策のために注意点となっています。

シャンプーのぬめり気が残ら無いように思う存分時間をかけて頭皮よりしっかりと汚れを落とすようにするといいでしょう。

洗浄残しが薄毛の最大の要因になってしまうともいわれています。

残っているシャンプーは頭皮を不潔にして毛穴を詰まらせ、薄毛を促進してしまう恐れもあるでしょう~入念にすすぐようにすべきです。

乾かし方

髪は水分を多く含んで膨張し、しなやかになっているんです。

濡れたままにすることで摩擦でキューティクルがめくれるなど、傷みやすくなっていくのです。

とりあえずはバスタオルでちゃんと、水分を取るように気を付けてください

タオルドライする時も、やんわり毛髪にタオルを押し付けて水分を吸収することを意識しましょう。

ゴシゴシと擦るような形でしまうと髪にダメージを負ってしまう以外に、摩擦が原因の頭皮へのダメージも気掛かりです。

タオルでちゃんと水分を取り除いた後は、ドライヤーで乾かしましょう。

ドライヤーで乾燥させる時は、全体に風を当て水分を少なくするやり方で実施してください。

他にもドライヤーは温と冷をまめに使い分けつつもできるなら頭皮に負荷をかけない感じに、時間をかけずほどよく乾燥したぐらいで終わらせたほうがいいでしょう。

 

合わせて読みたい記事

危険!?40代女性の薄毛・抜け毛は?あなたは大丈夫?