頭皮というのは毛穴や毛髪が集中したゾーンになります。

男の人に比べて女性は髪が長い方がほとんどで、そういった場合髪の総量が多くあることもあり、頭皮が案外臭っていることもあります。

実際に自分が臭っているかいないかというのは心配です。それらのチェック方法と起因や対策法をご紹介します。

ヘアスプレーではごまかせない

頭皮の悪臭は、皮脂から起こっています。

なので、ヘアスプレーやヘアコロンを髪に付けても、頭皮の臭いを抑え込むことにはならないのです。

それとは反対に、頭皮の脂の臭いとヘアスプレーやヘアコロンの匂いがブレンドされて、不愉快な臭いが生じてしまいかねません。

頭皮の臭い対策法については、その起因をきちんと認識して、これを取り去る対策法をとった方が効果があります

ヘアスプレーやヘアコロンでカモフラージュすることは、おすすめできかねます。

頭皮から発生する臭いを確認する方法は?

あなたの頭皮が臭っているかいないかというのは、非常に心配です。

頭皮の臭いというのはじかに、自分で嗅ぐことが困難なのですが、間接的にセルフチェックするやり方が複数ありますから、ご紹介します。

指で頭皮をこすって臭いを嗅ぐ

心配になった際に、いち早くチェックできるのは、指で頭皮を擦り付けて、指に残される臭いを嗅いでみると言うアプローチです。

いたる所チェックできるアプローチですが、他の人に見られますと不衛生なイメージを持たせるから、あなたの部屋やお手洗いとかで行うと良いでしょう。

枕に残った頭皮の臭いを嗅ぐ

あなたの部屋でチェックする際には、枕に残された臭いを嗅いでみるといったやり方が存在します。

枕は一晩中、頭を当てているポジションであって、日常的に入れ替えているといった方も多くはないから、そこに臭いが残存している確率が高いものと言えます。

ドライヤーの風をかけて臭いを嗅ぐ

なにげなく振り返った際や頭を上げた際に、あなたの頭皮の不愉快な臭いに気が付いたといった体験をしたときがあると思います。

この事と共通したやり方を採用するのが、ドライヤーの風を後ろから放出しみると呼ばれるもの。

風にのって、不愉快な臭いがしたら、頭皮が臭うということを指します。

頭皮の臭いが発生する原因とは?

頭皮というのは脂っぽくなることが多いポイントで、額から鼻筋にわたってのTゾーンの約2倍もの皮脂腺が存在しているとのことです。

頭皮の臭いは、こういった皮脂の理由によりばい菌が増加することにより生まれます。

頭皮にあるフケだって注意が必要です。

フケというのは、頭皮の角質細胞がはがれ落ちた物で、そのものにニオイはないですけど、ばい菌の栄養成分になります。

フケによって栄養分をとったばい菌はどんどん増殖、皮脂を分解し、頭皮の臭いの要因となってしまうんです。

他にもそれを何もしないと、分解された皮脂が酸化し、頭皮の炎症の要因になってしまう危険性があります。

フケがたくさんなる要因は、ストレス過度や睡眠が足りないこと、刺激物やデザートの取り過ぎ、間違えたお手入れによる頭皮のカサつきなどとなっているんです。

さらに、頭皮についてはいっぱいの毛穴が存在します。

そこに汗や皮脂といった老廃物、フケ、整髪料が塞がってしまうのだって臭いの要因となります。

頭皮の臭いを解消する対策とは?

頭皮の悪臭を解決するには皮脂や汗、フケといった頭皮の汚い部分をきちんと低減するシャンプーを利用することが重要です。

とりあえずは、シャンプーする直前に髪全体をブラッシングして、汚れやホコリを浮き立たせるのです。

髪と地肌をちゃんと濡らした後は、適当量のシャンプーをきちんと泡を立てて馴染ませる感じに。

そうして、シャンプーするときは頭皮を指の腹でやんわりマッサージするように後頭部から前頭部の方向に揉みこみましょう。

シャンプーを2度洗いにし、1回目は髪を洗浄して、2回目は頭皮をきれいにすると試みることもオススメです。

洗い流す際には、少しずつ頭皮に気を付けてつつも充分に洗浄して、もみあげや襟足にも泡が残らないようにしましょう。

シャンプーの後は、髪が濡れてビショビショになったまま眠るといったことのないよう、ちゃんと乾かしてください。

とりわけ頭皮を乾燥させることが重要です。

頭皮と髪が濡れている事でも雑菌は増殖し易くなってしまいます。

さらに、必要以上のフケをストップさせるうえでもストレスを解消し、きちん就寝することを意識しましょう。

まとめ

頭皮の悪臭というのは、皮脂で雑菌が増加することが原因でした。

毛穴に不要な物質や汚れが塞がってしまう状態にも気をつける必要があります。

これを乗り越えることを望むなら、日常の適切なシャンプーが一番効果的。

頭皮の汚れをきちんと落とすシャンプーで、悪臭を根からシャットアウトしていきましょう。

ルルシア