うっかりして飲みすぎちゃった次の日の朝、時間外労働が連続した日の朝方、仕事帰りの電車の窓に見える顔…。

それらのお疲労感の状態に無意識にビックリしてしまった経験がありませんか。

ひょっとしたらこれは、目元に誰の目にも明らかに感じられるクマのためかも?

そんなにっくきクマにおいても、色別にタイプが見られるっていうのは知っているでしょうか。

今日は、クマの色別目元ケア法をお見せします。

血行が悪くなるとできる青色のクマ

目の下側を引っ張って確認して、ちょっと色が薄くなってきたならばそいつは青クマになります。

これについては目元の血流不良によって目の周辺の薄い皮膚より毛細血管が透き通って見えるから、青く見えることになるのです。

背景にあるのはプレッシャーや寒さ、睡眠が足りないこと、ホルモンバランスの崩れであったり千差万別。

PCやスマホのディスプレイを直視しすぎて目元の筋肉が固まり、血の巡りがダウンすることも考えられます。

青クマというのはコンシーラーによって割かし隠することが多いのものだけど、基本的にお手入れするならば、やっぱり血行を促進することが肝心

マッサージまたはホットパックというようなもので目元のコリをストレスなく和らげてあげたいものです。

ですが、グイグイ押し当てるといったようなマッサージというのは、むしろ色素沈着を起こして茶クマが発生する原因になりますから気を付けましょうね。

色素沈着による茶色のクマ

色素沈着のせいでできちゃう可能性が高い、茶クマ。

背景にあるのは主として2タイプあって、ひとつはシミがあるみたいにメラニン色素がお肌に貼り付いたタイプ

もう一つは、お肌の深部にあたる真皮に色素が沈着しちゃってできてしまうものになります。

茶クマがもたらされる原因は、強い陽射しや目のこすりすぎ、アトピー、メイクかぶれ、拭き去りきれないマスカラなどなど。

お手入れにおいては、美白効果のあるコスメで目元ケアを行ってやると良いと思います。

シミをお手入れするのと一緒でで、ビタミンC誘導体やハイドロキノン、トレチノインなどといった成分が含有されているものはとりわけ高く評価されています。

黒いクマには、たるみを改善するケアも大切

たるみやシワなどによって目の下側にどんよりとしてしまった影をつくってしまうというのが黒クマの特質。

手鏡を持って上に目を向けた際に、目の下側の色がちょっと薄く変わってしまうとこれらの種類だと思われます。

黒クマというのはコンシーラーだとそう簡単には隠すことのできないから、とりあえずはヒアルロン酸やコラーゲンの産出を手助けするコスメティックというようなものでお手入れを。

たるみやシワを正常化していきいきとプルルン感がある目元に結びつけるということが 黒クマ撃退の重要な点になります。

まとめ

以上、茶クマ・青クマ・黒クマという、色別にお手入れをお伝えしてみました。

対策法としてはクマのタイプにふさわしいお手入れするという意識が効果的な方法。

しかしながら一部には何ヶ所ものクマが同時並行的に現れているケースも。

更にはあり得ないくらいクマが濃すぎるケースでは、特定の前兆である部分も考えらますので、あなた自身で見極めがつかないケースでは有識者にカウンセリングしてください。

 

合わせて読みたい記事

女性の魅力!見た目の印象を左右する目元ケア

簡単に出来る!あなたの目元、衰えていませんか?