人の初めの印象は「顔」が決定的な比率を占めていると思いますが、その中にあってもとりわけその人のイメージに大幅な影響があるというのが「目元」になります。

ところが、目元の皮膚はこれ以外に比較して薄く作られているだけでなく、気にすることもなくとも使い過ぎてしまいがちです。

顔の中であっても、とりわけ歳が出てしまうことが多いパーツだと言い切っても間違いないでしょう。

目元に発生しやすい一番のトラブルとそれらの要因って?

紫外線や過度の摩擦「茶クマ」「くすみ」

紫外線をもらった場合お肌にとってはメラニンが作られますが、それこそがきれいに排出されずにたまっていくと色素沈着が発生し、茶色いクマやくすみという形で出現します。

紫外線対応策は季節を問わず徹底的に行うことが重要です。

クレンジング、洗顔ケースでは摩擦を必要以上に加えないように気をつける必要があります。

目元の薄い皮膚に行き過ぎた摩擦が掛かるとメラニンがつくられ、色素沈着が引き起こされるので茶クマやくすみの引き金となるのです。

代謝低下や血行不良「目袋」「むくみ」「くすみ」

日頃の生活の乱れや身体上の冷え、運動が足りないことなんかになってしまうと、新陳代謝減少や血流障害を起こします。

新陳代謝の低下や血流不良は「目袋」や「むくみ」「くすみ」が発生する原因になるもの。

新陳代謝がダウンすると、身体の中の老廃物が放出されづらくなって、少しずつ積み上がっていくと思います。

老廃物が蓄積される事でカラダや顔、目袋や目元のむくみが出来てしまうワケです。

さらに、日ごろより悪習慣が継続してしまうことで、身体の中で血流不良を招きます。

血液というのはカラダだけではなくお肌においてなくてはならない栄養成分や酸素を送り届ける行動を行なっているものなのですが、血流不良に陥ってしまうと豊富な栄養素や酸素が送られず、お肌は栄養失調になってくすみが発症してしまってるのです。

表情筋の動きや乾燥「シワ」

目の周囲には眼輪筋といった筋肉がありますけれど、歳を経るにつれて老化していくと考えます。

目元皮膚をサポートする力が弱まってたるみが起こり、この重さが原因となって「シワ」が刻み込まれて行ってしまうものなのです。

更には、年をとるにつれてお肌の奥にあるコラーゲンやヒアルロン酸といった保水能力が悪くなって行くケースも目元のシワの引き金になります。

お肌の保湿がダウンし、カサカサ状態になってしまうことでお肌の弾力性やハリが奪われて、目尻や目の下のシワが目立つようになってしまうのです。

睡眠不足や目の疲れ「たるみ」

常日頃からPCやスマホというものを頻繁に活用している人は、目の疲労感を受けやすいと思われますが、このような疲れ目も「たるみ」の引き金となります。

1日あたりおおむね15000回も行なっているというデータがあるまばたきだけじゃなく、目の恒常的な疲労感がプラスされると、皮膚の薄い目元にとっては桁違いなストレスがプラスされるっていうのは明白。

疲れ目は目元の天敵になってしまう血流不良の引き金となり、このことより老廃物が蓄積したるみを引き起こしてしまうワケです。

目元にNGな習慣とは?

目の使い過ぎ

ここ最近は、スマホやタブレットといった浸透が広まって、スマホゲームやアプリといったコンテンツが簡単に楽しむことが可能な様になってたのです。

部屋を真っ暗にしちゃってベッドに入っても、知らず知らずにスマホを触って時間を忘れてしまうでしょう…… といった方も大勢いることも考えられます。

こんなに暗い部屋でのスマホの利用は、目からすればでかい疲労感やダメージを生じさせるもの。

前述しているように、目の疲労感はたるみやむくみが引き起こされるので気をつける必要があります。

更には、コンタクトの長時間に及ぶ活用も目にでっかいマイナス要因となって及ぼしてしまいます。コンタクトの使用している時間については十分意識しましょう。

誤った目元のスキンケア

目元の弾力性やハリを持続させてうつくしさを手に入れるためなら、アイケアや肌の手入れが必要不可欠ですが、必要以上のお手入れや間違えた美容法が目元の肌ダメージが引き起こされるケースがあります

その中でも注意をした方がよいということが、洗顔やクレンジングといった場合の手加減。

頑固なアイメイクが簡単には落ちてもらえないケースでは、ついつい力を入れてギュッギュッと擦ってしまうものですが、これってシワやくすみといった要因になります。

目元に特化したアイメイクリムーバーを使用することをお勧めします。

加えて、目元のケア方法においても気をつける必要があります。

きちんとお手入れをしたいと言う考えから、マッサージをしつつクリームというものを塗布することだってあると思われますが、目元をむやみにこするっていうのはトラブルのきっかけとなります

保湿ケアは非常に肝心ですけれど、そんな時の塗り方とか手加減は気を付ける必要があります。

自宅にいながら手軽にできる目元ケア

 

「蒸しタオルでケア」

電子レンジなどを利用して手間もかけずに作ることができる蒸しタオルは、目元のお手入れに極めて効率的なグッズになります。

温かいタオルを目元に当ててしばらくの間リフレッシュすることによって血の巡りが円滑になるため疲れ目の解消につながり、より以上に新陳代謝増加でさえも期待するということが実現します。

蒸しタオルの作り方や活用する方法は非常にシンプルで、ちゃんと濡らしたタオルを軽く絞って500~600Wの電子レンジで30~60秒チンするだけ。

それを目の幅にあわせて折り畳み、軽く目をつむった状況で上にやさしくタオルを置きます。

この際、タオルが熱すぎるとやけどやカサつきが発生する原因になるので、丁度良い温かさにコントロールするということが大切です。

さらに、蒸しタオルをのせる前にアイクリームを目元に塗布しておくと、保湿効果が引き上げるからシワやたるみなどの肌ダメージにとっては良い結果が期待できます。

タオルにクリームがつくのが心配といった場合においては、クリームを塗布したのちにラップをのせ、その上に蒸しタオルを置くとOKです。

おすすめアイクリーム「メモリッチ」

「目のストレッチ」

加齢現象や疲労感などで消耗してしまった目元の筋肉を鍛え上げるには、積極的にストレッチ体操を組み込んでやることが重要です。

PC作業中の疲労回復時や、TVのCM中などといった空いている時間を活用してリラックスしたイメージで日常的にちょびっとずつ取り入れていくことが重要なのです。

まとめ

何気なく鏡を眺めた際や電車の窓に映る自分自身の顔を見て、「なんとなく老け込んだ感じがする……」「顔が疲弊している……」なんて感じに思う経験はありませんか。

そんなふうに老いたイメージや疲労感モードの顔の元となっているのって、クマやくすみ、むくみ、シワ、たるみなどの目のあたりのトラブルになります。

ライフスタイルや肌のケア等に気を付けながら、弾力とうるおいが出てくるかわいい目元を維持していくことが重要です。