_ 公務員試験の合格を応援します! | 2ページ
【スポンサードリンク】

公務員試験の勉強では法律の改正に注意しないといけない

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験を受験しようとしている人に対して注意しておきたいのが、法律の改正です。公務員試験の受験科目になっている法律科目の中には法律が変化する可能性を持っているものが含まれていますし、実際に変わっていることがあります。それが公務員試験の筆記試験の点数にも影響することがあるので注意しておいてください。

例えば、行政法や民法などは公務員試験でも重要な科目であり、みんな勉強していると思うんですけど、これらの科目はよく注意していないと法律が改正されたことに気が付かない場合があります。行政法や民法だけではないのですが、法律が改正されて、その部分が仮に出題されていたりすると、改正されていることに気付かないで勉強をしていた人は、間違えてしまう可能性があるのです。

法律科目の改正については、予備校に通っている人はホームルームとか、法律科目の授業などで知らせてくれると可能性がありますけど、独学だとそういったチャンスがありませんから、自分で調べないといけないということになってしまいます。そういったことをしていかないと間違って覚えてしまう可能性があるのです。そして、問題は他にもあります。

使っている過去問が最新のものであれば、改正された法律がちゃんとそのまま載っている可能性もあると思うのですが、ちょっと古いものを使っているとなると、改正された法律があっても、改正前の情報として載っていることがあると思うのです。そうなると、それも勘違いしたまま覚えてしまうことにつながりかねませんから注意をしてほしいと思います。

公務員試験の過去問はいろいろな事情があるかもしれませんけど、できる限り最新のものを購入するようにしてほしいと思います。これは法律科目だけに限りません。いろいろな科目に共通して言えることです。したがって、公務員試験の勉強を始めるときには過去問を買うと思いますけど、最新のものを探して買って使うようにしてほしいと思います。