_ 公務員試験の志望動機は「政策」よりも「安定」の方が相応しい | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験の志望動機は「政策」よりも「安定」の方が相応しい

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


皆さんにお聞きします。公務員試験で「安定」という志望動機をどう思いますか?ダメですか?私はダメなんてことはないと思います。ダメっていう風潮があるだけで。だって、これを実際面接で言った人がどれだけ居るんでしょうか?自分がやったこともないのにダメって言うのもおかしいですよね。これを実際に言って、それで合格した人がいれば、これも志望動機として正解になりうるということです。

正確には面接官の印象が悪くなる可能性が高い。だからダメって言われている。というのが正しいでしょう。だから、志望理由としてダメという真理があるというわけではないのです。面接は本来正解はありません。その正解がない質問に無理矢理正解を作るのが面接です。その正解は面接官の印象によって大きく左右される。よって、タイトルのような志望動機が客観的に良い、悪いにかかわらず、印象が悪い回答であればそれは避けた方が良い。それは真理だと思いますし、えーっと...誰でしたっけ?(笑)政治学とかで出てきた「合理的行為者モデル」がまさに意味するところの行動でしょう。

公務員試験にも就職活動同様にマニュアルというものが存在します。これは「こういう質問にはこう答えろ」とか、面接官はこういうところを見ている」とか、そういったものを寄せ集めた本、または予備校のテキストなどのことです。一般的にマニュアルというと、取扱説明書や新人のアルバイトを指導するときに使うものを想像します。これはその通りに行えば絶対に間違いないというものです。

しかし、面接におけるマニュアルはそれとは違います。これは正解が書いてあるわけではないのです。あくまで例が載っているに過ぎない。その面接のマニュアルにもタイトルのような答え方はいけないと書いてることがほとんどです。まるでこれが絶対に間違いであるかのような。勿論、タイトルのような答え方をして印象が良くなるというケースはあまりないでしょう。しかし、中には「正直でよろしい!」と思ってくれる人もいるかもしれません。特に最近はマニュアルに頼った、いかにも作ってきました!みたいな志望動機を語る人が多くてウンザリしているという声もよく聞きます。

また、これはインターネットで見た例ですが、フリーターをずっとやっていた人が志望動機で「金のためです!」みたいなことを言ったら、面接官が大笑いして結果合格!というケースもあるようです。したがって、タイトルのような志望動機が絶対に間違いではないということです。ただ、これを実際の面接で話すのは勇気がいるでしょう。世間の風潮でダメって言われているものを話すわけですから。また、日本人は多数派にすぐ寄り付きますからね。みんなが志望動機を嘘も交えて作っているとなると、自分もそうしてしまうんです。

ただ、タイトルのような志望動機がどうしてダメみたいな風潮なのか?それは私はあまり理解できません。公務員は住民のために仕事をする人たちでしょう?だから、動機はともかくちゃんと仕事をしてくれればそれで良いと思うんですよ。今働いている公務員が胸の中でどんなことを考えているか?なんて分かりません。ちゃんと仕事をしてくれるかどうか?を確認するために志望動機を聞くというのがあると思います。ただ、「安定してるから」、「クビにならないから」といった理由で公務員になった人が仕事をしないのでしょうか?

安定している、クビにならない、またはなりづらいというのは間違いなく事実です。これは公務員である以上は常につきまとう特権です。それが公務員になる直接の志望動機だとすれば、それが確保さえされていればその人は仕事をするうえでのモチベーションを保てますから、当然仕事もちゃんとやるでしょう。公務員制度が改革されて、民間企業同様の解雇要件の設定などが行われたりしない限りは間違いなく真面目に働くはずです。

むしろ、面接対策本に書かれているようなマニュアルにありがちな「○○という部署で○○という仕事をしたいと思い公務員を志望しました!」のような志望動機、いわゆる世間の風潮で良いとされている志望動機ですね。これには「希望する部署じゃなかったら、希望する仕事じゃなかったらあなたは真面目に仕事をしないんじゃないか?」私ならそう脳内でツッコミを入れます(笑)

中には「本音と建前を使い分けられない人は(ry」とか言われることもあります。ただ、この本音がどうして忌避されるものなのか?そこまで説明されているサイトは見つかりません。本音と建前を使い分けられないのが、この場合どうして問題なのか?そこまで説明されていないのです。だから、納得できるわけがない。根拠も示さないで。例えば、「この人バカだな・・・」と思ったとして、それをそのまま「あなた頭悪いでしょ?」と伝えるのは、本音と建前が使い分けられていない例として適切だと思います。もうちょとオブラートに包んで伝えろよと思うでしょう。これは明らかに相手を侮辱する言葉だし、相手の機嫌を損ねてしまうから。

しかし、「公務員が安定している」というのは、別にこの言葉自体にマイナスイメージはありません。むしろプラスですよね?公務員の人に「公務員なんですか?安定していて羨ましいなー」なんて、言ったら機嫌を損ねるでしょうか?むしろ嬉しいのでは?特権階級なんですし。つまり、「安定」という本音はわざわざオブラートに包まないといけないほどの問題を孕んでいるものではないのです。相手を侮辱したり、けなしたりする言葉じゃない。単なる公務員という職業につきまとう客観的な事実を言っただけです。

本音と建前が使い分けられない人は、仕事でもおかしなこと言うに決まっている!とか言われても、相手を一切傷つけない本音を言うことの何が問題なのか?仕事をしている間は本音で会話をするな。全部嘘をつけ!とでも言いたいのでしょうか?民間企業を例に出すと、「貴方の企業って、ずーっと安定した業績ですよね?うちの商品買ってくれませんか?」と言ったとして、これが問題ですか?本音で会話をしたら、会社にとってマイナスですか?公務員の例に戻ると、例えば「私は公務員が嫌いなんです。私は公務員になって不祥事を突き止めて、それを世間に告発するために公務員を志望しました」といった本音はさすがに、公務員を侮辱するものだし、面接官の機嫌も当然損ねる。さらに、実際公務員になったら、住民との間でまた問題発言をするんじゃないか?と想像するでしょう。

しかし、「公務員は相対的に安定している」という言葉自体は誰もが認める事実だし、公務員を特に嫌っている(嫌う理由も嫉妬などの理不尽なものが多いと思われる)国民以外は、こんな発言を公でしても誰も怒らないでしょう。ですから、安定という本音はわざわざ別の何かの建前に置き換えないといけないほどの問題を抱えてはいないのです。実際、面接官が「安定」の志望理由を嫌っていて、「政策」とかの志望理由の方が良いと判断するとなると、それは単に好き嫌いで決めちゃってるんだなー。ってことです。どっちの志望動機の方がより公務員になる人材として適格か?より住民のために働いてくれる人か?そういうことを考慮しないで、物事の本質を見極めないで、パッと浮かんだ印象のみで、自分の好みで決めているということになってしまいます。

面接はお見合いなどに例えられることがあります。お見合いは、相手と一生一緒に暮らす前提でするものですから、「好き嫌い」って重要だと思うんですよ。だから、「貴方はお金も持っていて安定した暮らしができそうだわ」と、一見すると自分を褒めているようなことを言われても、それに納得がいかなければ、お見合いは破談になってもしょうがないです。お見合いで1番大切なのは、結婚相手を選ぶわけですから、自分と気が合うか?どうかがかなり重要だからです。

しかし、公務員を含めた採用試験の場では、まず1つ重要なのが民間企業の場合は、利益を生み出す人か?ということで、公務員の場合は住民に奉仕してくれるように真面目に長く仕事を続けていける人か?ということです。要するに、採用権者の好き嫌いよりも、さらに優先しないといけない要素があると思うのです。好き嫌いが先に来て採用、不採用が決まっているなら、それは優先順位を履き違えていると思いますし、そのおかしなやり方で選ばれた公務員が、本当に住民のために奉仕してくれる最適な人たちであるとは思えないのです。

では、話をまとめます。私に言わせれば、安定志向の志望動機の方がむしろ安心して公務員の仕事を任せられそうな気がするということです。これはあくまでも意見ですから、決して正解ではない。正解を面接官自身が作るのであれば、正解、不正解を推測するための前例がほとんどないものの、これを正解を設定するおそらく面接官は多くないでしょう。だから、皆さんはこれを話す必要はないです。皆さんは内容は人ぞれぞれで良いですから受かるための志望動機を話してください。
関連記事