_ 公務員試験の面接で「お気を付けてお帰りください」と言われたら | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験の面接で「お気を付けてお帰りください」と言われたら

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


この常套句は公務員試験の面接試験では死亡フラグなんじゃないか?という噂も流れています。その真意は面接官しか知りませんが、私はあまり関係ないように思います。実はこれ、私も面接試験の際には言われたことがあります。

そのときは面接が終了して、ありがとうございます!と言って席を立ち、ドアの丁度前で失礼します!と言ったときに、面接官のうちの1人が慌てたようにこちらを向いて「お気を付けてお帰りください」と言われました。言い方がかなり慌ててたので、あらかじめ言うことを決めていて、それをうっかり忘れそうになったから急いで言った。というのが私の解釈です。

したがって、私が面接を受ける前からそのセリフを言うことがあらかじめ決まっていたのではないか?と推理します。ちなみに、私の場合はその試験種は落ちました(笑)受かってたら、噂だという可能性が高いということが言えたと思うのですが。

ただ、2ちゃんねるとかを見ると、これを言われて受かっている人はいるみたいですけどね。だから、これは面接官によって言う、言わないがあらかじめ決まっているものなんじゃないか?と思います。したがって、ただ面接官の人が気を使っていると思った方が良いのではないでしょうか?

あまりこれがフラグか?なんてことを気にしていると、本来の力すら出せなくなってしまうと思うので、面接中に何を言われようが、面接中はあくまでも面接に集中しましょう。気にしすぎないことが重要です。気にするのは面接が終わってからでも十分ですので。
関連記事