_ 「親友、友人は何人くらいいますか?」という質問の答え方 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

「親友、友人は何人くらいいますか?」という質問の答え方

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


これはその人が友人らとどういう人間関係を築いているか?ということ見るための質問です。人間性、性格を図るための質問なので、数はどうでもいいのでしょう。その友人らとどういう付き合いをしているのか?また自分は彼らをどう思っているのか?彼らは自分をどう思っていると思うか?こういったことを追加で聞かれる可能性があります。

その友人と自分との関係性を説明する場合にはやはり大学時代の友人が中心になりそうです。それ以前でも良いのですが、今でもちゃんと連絡を取り合ったり、たまに遊んだりといった繋がりがあるかどうか?ないとなかなか話せないでしょうし。ないなら、無難に大学時代の友人との関係性を語れば良いでしょう。ただ、既卒になってしまった人は大学時代の友人とも連絡をとりあうことがあまりないかもしれません。ただ、1年前とかまでは普通に話していたのでしょうから、それが今でなくても良いと思います。過去にそうだったのは事実なのですから。

そして、自分にとってその友人らはどういう存在か?また、逆に友人らにとって自分はどういう存在か?ということを話せば良いでしょう。後半は想像になってしまいますけど。自分の人柄というものを自分の友人という存在を介して説明する力、そして自分は友人らを通して見るとどういう人間なのか?というのを見ているのでしょうから、多少の想像は仕方ないかと。これも正解がほぼ質問ですから、面接官がどう思うか次第に大きくかかわってきますね。
関連記事