_ 公務員試験全体を通しての服装は何を着ていけば良いのか? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験全体を通しての服装は何を着ていけば良いのか?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の服装は一次試験(筆記試験)は私服で行くのが一般的です。私服といっても地味な服である必要もありません。余程のものでなければ派手なものでも構わないと思います。私が実際に本試験を受験したときにはいずれの試験種でも、97%くらいの人は私服でした。したがって、スーツで行くと確実に浮きます。また、私服でいったから、スーツでいったから、当日の服装によって合否に影響があることはないでしょう。

したがって、一次試験は無難に私服で行けば問題ないでしょう。しかし、二次試験(面接試験)の服装は当然スーツですね。これは指定される場合もあれば、ない場合もあります。もし指定されなくてもスーツで行った方が良いでしょう。もし服装が指定されていない場合で私服などでいってしまうと、浮いてしまうという点、空気読めていないという点、常識がなっていないという点で即アウトを宣告されるかもしれません。スーツ指定でなくても皆さんスーツで来ますから。

ただし、試験種によってはスーツでもクールビズの服装を指定してくる場合もあります。これは半袖、ノーネクタイで面接に来てくれ。ということです。これは強制ではありませんが、実際面接会場に行くと、大半の人はこれを守っています。したがって、クールビズを指定された場合には、クールビズの格好で行って構いません。民間企業では「私服で来てくれ」と言われて、私服で行ったら人事に怒られた。というワケの分からないケースもあるようですが、この場合は鵜呑みにして大丈夫だと思います。

ただ、クールビズを呼びかけていたとしても、ネクタイをしたから、長袖で行ったから、それだけで評価を下げるとは思えませんが、もし心配な方は半袖ノーネクタイで行くことをおすすめします。面接は暑い季節に行われることが多いので、面接をする側の配慮だと思います。

服装は基本的には以上のような注意点を守れば問題は起きないでしょう。一次試験は特に服装を着にする必要は有りませんが、二次試験以降は服装も評価の1つに入っている可能性がありますから、詳しい服装に関する注意点などを予備校の面接対策で教わっていきましょう。


二次試験以降は服装も勿論ですが、とにかく面接や集団討論に対する対策が必要です。「東京アカデミー」では、面接の初歩の初歩から懇切丁寧に、面接対策のイロハを教えてくれます。時期的にも他の予備校に先駆けて、面接対策の指導を行っていくので、二次試験以降の対策では1番おすすめだと思います!
公務員・教員試験のスクール【東京アカデミー】



この記事が参考になったという方はクリックをお願い致します!→ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事