_ 特別区の面接対策はいつから?面接カードはいつ書くのが良い? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

特別区の面接対策はいつから?面接カードはいつ書くのが良い?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


特別区の一次試験の合格者に与えられる面接カードはいつ書くのが良いのでしょうか?特別区の面接対策はいつからやるべきか?というと、できれば一次試験の対策をしているときに、その合間に始めておくのが理想です。そして、面接カードに書く内容もそのときから考えておけると良いのです。逆にその頃から特別区の面接対策をしないと間に合わない可能性もあります。

特別区は一次試験から合格発表、そしてそこから面接日までは時間があるので、そんな早くから始めなくても良いのでは?と思うかもしれませんけど、できれば特別区の面接対策の時期はいつから?というときには早くからやっておいてください。余裕を持ってやっておけば後から修正も利きやすいと思うので、内容も良くなるのではないでしょうか?

特別区の面接カードは一次試験の合格通知と一緒にくるので、一次試験合格後じゃないと面接カードは書けません。だから、特別区の面接カードはいつ書くか?というのは一次試験合格後ごになりますけど、内容は早くから考えておいて、面接カードが届いたと同時に書いていくのが良いと思います。そういう余裕を持って面接カードについて考えていけると良いと思うのです。

特別区の面接カードを書くときには時期はいつが良いのか?というと、早い方が良いと思いますけど、面接カードの内容はいつから考えても良いです。だから、筆記試験の勉強をしているときから考えておきましょう。そして、そこで考えた内容を写せば良いだけなのです。特別区の面接カードはいつ書くのが良いのか?という問題と内容を考える時期は別ということです。

特別区の面接対策をいつからやるべきか?ということと特別区の面接カードの内容を考え始める時期は、筆記試験の勉強をしているときからであって、特別区の面接カードを書く時期というのは、一次試験合格後ということで考えておくと良いでしょう。でも、まずは特別区の筆記試験に合格しないといけませんから、その勉強をしていかないといけないですけど。
関連記事