_ 公務員試験や就活の面接での身振り手振りやジェスチャーはいらない? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験や就活の面接での身振り手振りやジェスチャーはいらない?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験や就活の面接において身振り手振りというのは必要なのでしょうか?個人的な感想を言うと、必要とは思わないです。意図的にやっている人もいるかもしれませんが、身振り手振りをしてそれがプラス評価につながることはあまり考えづらい。マイナス評価の方がむしろ可能性は高いのではないか?と思えてきます。

どうしても身振り手振りというのは自然に出てしまうこともあると思うのですが、それくらいだったら良いと思うのです。問題は意図的にやるケースで、その場合にはちょっと大袈裟になってしまうこともあるかもしれません。大袈裟になったとしても、だからといって面接官の評価が下がるとは言えませんが、公務員試験や就活の面接で身振り手振りをして評価が良くなることが考えづらいとなると、やる意味はあまりないのかな?と思います。

身振り手振りを全くしないで手を完全に膝のうえとかに置いている状態で面接を受けたとしても、評価に影響はないでしょう。変わらないと思います。むしろ、落ち着きが感じられる可能性もありますし、個人的にはそういう状態で公務員試験や就活の面接を受けるのが良いのかな?と思うのです。身振り手振りをする必要性はやはりないと思います。

だから、公務員試験や就活の面接において自然にジェスチャーのようなものが出てしまうのはしょうがないですし、自然に出る分には特に問題ないならないと思うので、そのままでも良いと思います。しかし、意図的にやろうとしている人がいるならば、私はやる必要はないと思います。公務員試験や就活の面接では自然体で臨むのが良いと思うのです。

公務員試験や就活の面接での身振り手振りは意識する必要はないですし、基本的に面接官の意識を話し手に集中させた方が良いと思うので、ジェスチャーなどを交えた方が良いとは思わない方が良いと思います。面接官が話す内容に集中できるように振舞うのが1番良いと言えるのではないでしょうか?
関連記事