_ 正社員として就業経験のない既卒の人は面接で何のネタを話すべきか? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

正社員として就業経験のない既卒の人は面接で何のネタを話すべきか?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


大学生であれば学業ことで良いでしょうし、社会人であれば仕事のことで良いでしょう。では、1番中途半端な既卒の方は何を話せば良いのでしょうか?この場合は正社員としての就業経験のない方を対象としています。卒業してから何年経っているか?によると思います。卒業してからせいぜい2年くらいまでなら大学の話をしても良い気がします。面接官は何て思うか?は予想はできませんが、これは2年くらいまでであれば、私の中ではギリギリ不自然ではないかと。

では、それ以上の人はどうすれば良いのか?できればアルバイトなどの話をしてほしいと思います。フリーターの方なども多く受験する公務員試験ですから、アルバイト経験のことを話しても全く不自然ではないでしょう。アルバイトは現役の大学生も大丈夫でしょうけど。では、アルバイトすらしてこなかった人はどうすれば良いのでしょうか?普通に考えたら公務員試験に集中しているから、卒業してもアルバイトを続けているというのは非常に難しいはずなのです。予備校に通っている人はなおさらアルバイトなんてしてる時間はないでしょう。しかし、今の面接というのはそんな配慮は全くされていない。豊富なエピソード持ってない奴はいらない!ばりのある意味非リアにとっては理不尽な面接なのです。

民間の就活では非リア廃除の傾向はまさに顕著ですが、公務員試験でもその傾向に傾きつつありますね。残念ながら。面接でしつこいくらいに「他には?」って聞いてくる面接官も多いようですし。では、先ほどの問題を解決しないといけません。アルバイトをしてこなかった。要するに、もう大学生活以外で語れるものがないという人はどうすれば良いのか?この時点でもう面接に合格するのはかなり厳しいことは間違いないです。ですが、せっかく受けるんだから何か用意しないといけません。そこで1つおすすめしたいのは1日でも良いですから、短期のアルバイトをしてみること。1日でも参加すればそこから何か語れるものが得られると思います。嘘を話すというのもありますが、嘘を薦めるわけにもいかないので、ここではせいぜい誇張しろくらいのことしか言えません。短期のアルバイトで得たものをやや大袈裟に語ってみてください。私ならそうします。

関連記事