_ 就活や公務員試験での髪型で襟足は後ろ姿の印象を決めるうえで重要な要素 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

就活や公務員試験での髪型で襟足は後ろ姿の印象を決めるうえで重要な要素

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


就職活動や公務員試験での髪型というのはいろいろな気を遣っている人が多いと思います。しかし、どういう髪型が良いのか?という細かいところまでは分からないというケースも多いでしょう。女子学生と比べて、男子学生はある程度髪型の範囲が決められているというか、長さは自由度が少ないと思います。就活や公務員試験の髪型では襟足というのが1つポイントになるでしょう。

就活や公務員試験における襟足の長さは基本的には標準くらいというか、長すぎない方が良いです。これは後ろ姿を見たときに、やはり印象として残ると思うのです。面接などをするときなどでも、面接を終えて帰るときには面接官から後ろ姿が見られるので、そのときに襟足が長いと、それが合否にかかわってきます。

女性の場合には後ろ姿は合否に影響を与えづらいというか、襟足が長いとしても髪形として一般化しているものならば、印象は大して変わらないと思います。しかし、男性の髪型は襟足が短いのが一般的なので、就活や公務員試験の髪型で襟足の長さが長いと思われると、それは印象に影響を与えてしまうのです。そして、それが合否にもかかわってくるということになります。

どうしても就活や公務員試験の髪型では男性の縛りは厳しいです。後ろ姿などを考慮して、襟足は基本的には短い方が印象は良いでしょう。どこからが長くて、どこからが短いのか?というのは分かりづらいでしょうけど、誰かに見てもらうと判断がしやすいのではないでしょうか?そういったことをして、印象をよく保てるような襟足にしていってほしいと思います。

ワイシャツの首周りの部分、襟の部分につかないくらいならば絶対に問題ないと思います。自分では確認しづらいと思いますけど、誰かに見てもらって、スーツの襟の後ろの部分に自分の襟足がかかっていなければ問題ないと言えるのではないでしょうか?かかっていても少しくらいなら良さそうですけどね。就活や公務員試験の髪型で襟足は重要ですから、後ろ姿がきちんと見えるようにしていきたいでしょう。
関連記事