_ 公務員試験の時事対策に民間企業用のものは通用するのか? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験の時事対策に民間企業用のものは通用するのか?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の時事問題では事前に対策をしていかないといけないでしょうけど、そのときにはどういった参考書を使うのが良いでしょうか?基本的には公務員試験用の時事対策本があるので、それを使っていけば良いのではないか?と思います。公務員試験では速攻の時事という有名な本があるので、そういったものを使っていくと十分に時事対策ができると思います。

しかし、民間企業に向けた時事対策本や一般常識のための本の方が種類は多いです。したがって、より良いものがあるのではないか?と思うかもしれません。しかし、公務員試験と民間企業の時事問題はやや性質が違う気がします。あとは出題される範囲の傾向がやや違っている気がするのです。

それぞれの過去の出題傾向に沿って、それぞれの時事問題の参考書は作られているので、それぞれにとって1番良い出来になっていると思います。速攻の時事は公務員試験の過去の出題傾向から、こういったところが狙われるというので作られているはずなので、速攻の時事に載っていることを勉強してみれば、公務員試験の時事問題で1番点数がとれる可能性があります。

公務員試験に関しては速攻の時事などの専門的な時事対策本があるので、そちらを使った方が良いと思います。ちゃんと出題傾向に沿っており、どこが狙われるか?どういう問題が出るか?までちゃんと考えられてまとめられていると思いますから、民間のものを使うよりも点数はとりやすいと思います。民間と比べると公務員試験の方が時事問題のレベルが高い気もします。

だからこそ、より専門的な本を使って勉強をした方が良いと言えるのです。民間企業の時事問題の対策をするときには、逆に速攻の時事までやる必要がないというか、合わない可能性がありますから、そういうときには民間企業用の就活の時事対策本を使うと良いと思います。ちゃんと守備範囲がそれぞれあると思うので、それに合ったものを使っていくと良いでしょう。
関連記事