_ 公務員の市役所職員の夏休みはどれくらい?何日くらいとれるのか? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員の市役所職員の夏休みはどれくらい?何日くらいとれるのか?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員の夏休みというのはどういった感じで取得しているのでしょうか?これは気になる人も多くいるのではないか?と思います。公務員といっても幅広いですけど、市役所職員というくくりで言うと数日程度がとれることになっているようです。ただし、何日か?というのは厳密には言えません。最大で1週間くらいでしょうか?夏休みということで、有給休暇を使わずに休みがとれます。

基本的には7月から9月の後半くらいまでの間に数日間自分の都合で夏休みをとれるようになっていると思います。日程がいつか?というのは指定されるわけではなく、自分で決められる場合が多いと思います。自分で決められますが、同じ市役所内の、部署ごとに調整がされたりするので、希望通りにはならないこともあると思いますけど。

ただ、この3ヶ月くらいの期間の中で割と好きな時期に夏休みをとることができるのが、公務員の中の市役所職員になるのではないでしょうか?お盆休みの前後に夏休みをとる人が多いのかもしれませんが、そういった時期に集中する可能性があるので、特定の時期に集中すると、その時期には夏休みをとれない可能性もありますからね。

公務員の夏休みは恐らくサラリーマンと状況はあまり変わらないと思います。そんなに長くは休めないですけど、ある程度自由うに休める時期が選べるとしたらそこは良いところと言えるかもしれません。大人になると学生時代のような長期間の休暇はまずとれません。夏休み期間中に有給休暇を使うという手もありますけど、それでも限界がありますから。

そういう意味では、学生時代は恵まれていたのかな?という気もしますけど、大人になると休みは本当にとりづらいですから、そういった中で生きていかないといけないという意味では、公務員も大変でしょう。公務員になったら、夏休みはそこまで多くはとれないと思いますけど、貴重な夏休みなので有意義に使ってほしいと思います。
関連記事