_ 就活では人事がSNSを活用してチェックする?見られる?←もう古いかもしれない | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

就活では人事がSNSを活用してチェックする?見られる?←もう古いかもしれない

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


就活生はSNSをやっている人も数多くいると思いますが、そのSNSが脅威になることもあるので知っておきましょう。これは公務員試験も同様です。採用側がSNSなど、受験生の普段の様子をチェックできるツールを監視している可能性があります。こういったことはいろいろ言われています。面接後とかに会社のオフィスを出た後もしばらく尾行しているとか、控え室に人事の者を紛れ込ませて様子を窺っているなどをしている可能性があります。

就活や公務員試験ではそういうチェックがSNSまで及んでいる可能性があります。実際どうなのか?は分かりませんが、就活や公務員試験ではSNSは見られると思った方が良いと思います。見られている可能性は高いでしょう。使える方法は何でもやってくるはずですから。先ほどの尾行や控え室での観察などもその1つの手法です。

就活ではSNSは見られていると思った方が良いと思うのですが、チェックするといっても限界がありますよ。だって、こんな情報は完全に浸透してしまっているじゃないですか?多くの就活生は人事がSNSをチェックしているなんてことは聞いたことがあるでしょうから。そうなると鍵をかけるとか、対策自体はしていそうです。下手なことは書けないとか、ちゃんと意識して対策している人が多いと思うので、就活や公務員試験でSNSを人事がチェックして活用するというのもどこまで有効か?は分かりません。

したがって、就活では人事がSNSをチェックしているのは当然かもしれませんが、就活生もSNSが見られるというのは承知でしょうから、見られていることを前提に使っている人も多そうです。ただ、就活で人事がSNSを活用していると話題になったのは数年前なので、みんな鍵をかけるとか対策をしている可能性もあり、別のやり方に変わっている可能性があります。

面接など人事と対峙したとき以外の素の姿をチェックする方法は常に探っていると思いますから、SNSに気をつけながらも普段の生活全般で気をつけていかないといけないと思います。公務員試験の受験生や就活生はSNSも見られていると思いながら生活していかないといけませんが、いつ人事にチェックされているか?を考えながら日々緊張感を持って過ごしていきましょう。
関連記事