_ 面接官の態度は合否に関係ある?優しい、高圧的で厳しい場合はどうなる? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

面接官の態度は合否に関係ある?優しい、高圧的で厳しい場合はどうなる?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


面接官の態度が合否に与える影響というのはなんとなく大きいのではないか?と思っている人もいるのではないでしょうか?例えば、面接官が妙に優しい感じだと、ちょっと怪しいと感じる人もいると思うのです。面接官が厳しい感じや高圧的な感じでも、あまり良い気分ではないかもしれませんけど。こういった部分は合否に関係あるのでしょうか?

公務員試験でも民間の就活でも、面接官の態度は関係あると言えば関係あるし、関係ないと言えば関係ないと思います。というのも、基本的に面接官は態度にあまり出さないと思うんですよ。したがって、基本的には面接官の態度が優しいとか、厳しいとしてもあまり合否には関係ないと思います。しかし、意図的に態度に出している場合があります。

それが例えば圧迫面接などになります。このケースでは面接官の態度が高圧的だったり、厳しいというのが合否にかかわってくるでしょう。意図的に態度に出しているならば、その時点で見込みのある受験生と判断していることになるでしょう。圧迫面接などは期待がかけられている人に行われやすいと言われています。ダメだと判断された人は気持ちよく帰ってもらうために優しい感じで終わらすと言われているのです。

これはそう言われているだけで本当か?どうかは分かりません。しかし、圧迫面接をやる以上は企業にもリスクがあるので、そのリスクを犯してでも素を見たいと思うような人ということも言えると思います。この場合には面接官の態度が合格フラグというか、合否に関係してきます。しかし、圧迫面接などの面接官の高圧的な厳しい態度でも、必ず合格するとは言えません。見込みがあると思われたとしても、その後面接をしてみたらその見方が変わる可能性もありますから。

圧迫面接などをやらないケースでは面接官の態度が優しいとしても受かることはあるでしょう。たまに面接官の態度が優しすぎるくらいのことがありますけど、そういったケースでも受かることは考えられます。面接官の態度が厳しいや優しすぎるとしても、それが意図してなのか?自然でなのか?は確実に読めないので、面接を受けた側が面接官の態度によって合否に関係あるか?どうかは確実には分かりません。
関連記事