_ 公務員試験や民間の就職活動はFランク大学は有利な面もある? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験や民間の就職活動はFランク大学は有利な面もある?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験は面接重視です。そのため、面接の対策に優れた大学がそれだけ有利になりやすいということも言えなくはないと思います。それはどういう大学か?というと、学生の数がそれほど多くない大学で、かつ就職に力を入れないといけない大学です。その筆頭がFランク大学になります。当然、偏差値で劣るFランク大学は学生を集めるために、知名度や偏差値以外で魅力をアピールしないといけません。

そこが就職実績や就職率という部分になります。つまり、Fランク大学は有名大学より就職に力を入れないと生き残れない事情があります。有名大学は力になってくれないわけではないですけど、就職に力を入れなくても優秀な学生が就職実績を作ってくれたりしますし学生もちゃんと入ってくれるのです。したがって、有名大学はそれだけ就職に力を入れる理由が乏しくなります。

しかし、Fランク大学のようなところは就職に力を入れないといけないので、各学生の面倒をよく見てくれます。民間企業ではなくて、公務員試験の場合には一概にそうとも言えない部分はあるかもしれないですけど、学生がそこまで多くないような大学であれば、1人あたりに細かいケアもできるので、面接カードの添削や模擬面接などを受けやすくなって、結果面接試験の実力がつきやすくなるというのはあると思います。

そういう体制が整っているのが有名大学よりはFランク大学なのかな?という気がします。Fランク大学とか、大学名で不利になるようなことは公務員試験は考えづらいです。学生が少ないから1人1人の面倒が見やすいという意味では女子大も当てはまるかもしれません。Fランク大学は学生が多くないところが多いということに加えて、就職に力を入れないといけない理由があるという点が大きいと思います。有名大学は学部や学生の数が多いところが多いですからね。

だからこそ、面接が苦手な学生は有名大学よりはFランク大学の方が合格可能性が高い場合もあるかもしれないです。特に民間企業に関しては就職に力を入れている大学はかなり頑張ってくれると思います。したがって、公務員試験に関してもそれと同様に面接に受かるだけの力をつけられる可能性があるのではないでしょうか?だから、大学の就職課を上手く利用すれば少しでも合格可能性が上がる可能性があります。
関連記事