_ 公務員試験の面接でバイトの期間を捏造、水増し、嘘つくとばれる?ばれない?調べられることはまずないが | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験の面接でバイトの期間を捏造、水増し、嘘つくとばれる?ばれない?調べられることはまずないが

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の面接でバイトなどの期間の捏造をすることはあまり宜しくないとされていますが、実際やったところであまり意味があるような気はしません。公務員試験の面接カードとかにバイトの期間を書くこともあると思うのですが、そういったときに期間の水増しをすると長く働いていたアピールになりますから、それが有利になるのではないか?と考える人もいると思うのです。

しかし、公務員試験の面接カードでバイトの期間を水増ししても、それが有利になるか?というと、あまりそうは思えません。というのも、バイトの期間を長くしたところで、そもそも面接官は評価する可能性は低いと思うからです。公務員試験の面接官は別にバイトをしている学生じゃないと採用しないわけじゃないですし、バイトをやっていない人でも問題なく採用されます。民間企業とかだと顕著ですけど、バイト経験よりも結局は潜在的な能力に期待されている傾向が強いです。

そうなると、バイトをやっていればやっているに越したことはないし、長くやっていれば長くやっていることに越したことはないけど、そんなに評価に差があるものではないでしょう。無茶苦茶短期間で辞めているとか、極端なケースはともかく、常識的な期間になっていれば、バイトの期間が長いか?どうかはそこまで重要ではないでしょう。実際、公務員試験の面接でバイトの期間などを調べられることはないでしょうけど、水増ししたりする意味は少ないと思います。

公務員試験のバイトの期間を捏造して得られるものか?あまりないと思います。リスクもないかもしれないですけど、やる意味があるとは思えないので、公務員試験でのバイトの期間の捏造はおすすめしません。公務員試験の面接カードでのバイトの期間の捏造や水増しはばれることはあまり考えづらいですが、ばれないとしてもリターンがあまりないのです。リスクしかほぼない気がします。

面接で自分からバイトの期間についてアピールしない限りはあまり追求されることもないと思いますから、その際には面接官はバイトの期間なんてほとんど気にしていないということになるでしょう。したがって、公務員試験の面接カードでバイトの期間を捏造してもばれることはないとしても、調べられることはないとしても旨味があまりないのでやめた方が良いです。あと、後ろめたい気持ちがあるならば余計にやめた方が良いと思います。

公務員試験の面接でのバイトの期間の捏造などはばれないとは思うが、嘘をつくということでそれが心理面に影響してしまうこともあり、それが合否に影響する可能性の方がむしろ高いのでは?と思います。だからこそ、公務員試験の面接においてバイトの期間を嘘ついて捏造することのメリットよりはマイナス面の方が大きい気がするので、やめた方がいい気がします。公務員試験の面接でバイトについて調べられることはまずないと思いますけど、リターンよりもリスクの方が単純に大きいと思いますから。
関連記事