_ 性格検査は受からない、落ちるという概念はない?目的は面接の資料か? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

性格検査は受からない、落ちるという概念はない?目的は面接の資料か?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験や民間の就職活動では性格検査というものが行われますが、これは受からないとか、落ちるという概念はあるのでしょうか?試験として実施するものなので、何かしら関係するのでしょうけど、この性格検査そのものは受からないとかそういう性質のものではない気がします。性格検査をどの程度重要視するか?というのは、企業とか、自治体によっても異なるでしょう。

性格検査の目的そのものも企業や自治体によって違っている面は大いにあると思います。しかし、性格検査はの目的としては面接試験の材料にするというケースが多いと思うのです。公務員試験の場合にはあらかじめそういったことを明言しているケースもありますから。公務員試験の場合には筆記試験の時点でやるところもありますし、個別面接の前に実施するケースが多いでしょう。

民間企業でもだいたいSPIなどと一緒にやるケースが多いと思うので、面接の前ですよね。すると、やはり性格検査の目的というのは面接何かしらの材料として使うケースが多いと思います。だから、性格検査そのもので受かる、受からないとかそういう合否結果のようなものはないのではないでしょうか?そもそも民間ではSPIと一緒に行うので、結局何が原因で受かる、落ちるというのは分かりづらいです。

だから、性格検査が原因で落ちるということは考えづらいですし、それを証明する方法もないです。公務員試験に関しても性格検査は単独行われるわけではなく、筆記試験と同時や集団面接や集団討論などと一緒にやるケースが多いので、性格検査で落ちるということは分からないのです。原因が特定できません。したがって、性格検査が原因で受からないということは考えづらいですし、そういったことは証明のしようがないのです。

性格検査の目的がそういったものならば、合否結果は出さないでしょう。だから、性格検査は落ちるということはないと思いますし、性格検査がどういう結果になっても一緒にやる試験次第でその選考に通るか?どうかが決まると思いますし、通ったならば個人面接では面接をするときの参考資料として活用していくのではないでしょうか?
関連記事