_ 民間の就職に加えて公務員試験も大学院は不利になる?就職しにくい? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

民間の就職に加えて公務員試験も大学院は不利になる?就職しにくい?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験は大学院まで行くと不利になるのでしょうか?筆記試験は関係ないにしても、面接試験になると少しは関係してくる可能性はあります。民間企業の就職活動では、特に文系の大学院は就職に不利と言われています。文系の大学院の人が就職できないということはないものの、何らかの不利を被っている可能性があるのは事実でしょう。

しかし、公務員の場合にはどうなんでしょうかね?それを考えるうえではある前提条件が必要です。それは年齢が上がれば不利になるのか?という点です。それが事実ならば大学院は公務員試験で不利になる、合格しづらいということが言えるかもしれません。一般的に公務員試験は高齢ほど不利と言われています。言われているだけで、実際どうなのか?不利に扱うのか?は分かりません。

しかし、その前提が仮に成り立つならば、大学院生は大卒の人間と比べて年齢が上なので、不利になる一要素を持っていると言えるのです。これは単純に年齢が上だから大学院の人が就職で不利になるというよりは、年齢に応じたものを求められているため、大卒の人間よりも受かるためのハードルが高い。それが結果的に大学院が就職しにくい理由になっているのかもしれません。これは文系の大学院が就職しにくい理由ですね。理系はまたちょっと事情が異なるかもしれません。

大学院の人が就職できないというか、不利になる理由があるならばそこが大きいのでしょう。年齢によって採用のハードルが高くなっていると。そして、それは公務員試験においても同じことが言えるということでしょうね。公務員試験においてはどこまで年齢を気にしているのか?関係あるのか?は不明ですが、大学院生は年齢が大学生よりも上になるということで、そこは1つ違いになります。

公務員試験においても就職活動においても大学院が就職が決まらないとしても、年齢の部分が作用してのことか?は分かりません。落ちた理由右派教えてくれませんから。でも、落ちた人としては年齢の部分が原因なんじゃないか?と考えてしまうことはあるでしょう。結論から言うと、年齢による有利、不利が生まれるという前提ならば公務員試験も就職も大学院の人は不利になる、就職しにくいと言えるのかと思いますけど、その前提条件が確実に存在するとは言えないので、難しいところです。
関連記事