_ 神奈川県秋季チャレンジの採用予定者数、募集人数は多いが受かるのは難しい | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

神奈川県秋季チャレンジの採用予定者数、募集人数は多いが受かるのは難しい

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


神奈川県秋季チャレンジは、補助的な採用枠になっている感もありますけど、結構募集人数が多いです。神奈川県秋季チャレンジは毎年数十人の採用予定者数を発表しており、ちなみに2016年は40人です。神奈川県庁は地方上級の時期には120人を募集しているので、こちらと比べたら少ないですけど、でも神奈川県庁で新たに採用予定者数が40人分増えたとなれば、大きいですよね。

地方上級の中には50人くらいしかそもそも採用しない自治体もありますから、そう考えると神奈川県庁の120人という募集人数はすごいと思いますし、また別の時期に40人も新たに募集するというのは、大きな自治体ということを実感するでしょう。神奈川県秋季チャレンジの採用予定者数は40人くらいが毎年見込まれると思いますけど、でも倍率は高くなっています。

時期が時期だけに、すでに内定を手にしている人も多くいますが、神奈川県庁という大きな自治体に採用されれば、すでに内定を手にしたところよりもそっちで働きたいと思っている人がいて、チャンスと見て応募してくる人が多くいるのです。だからこそ、神奈川県庁の地方上級の時期の倍率よりも、神奈川県秋季チャレンジの倍率の方が高くなっているようです。

地方上級の時期は別の自治体とかぶっていますから、それによって受験者数が抑制される効果があるでしょうけど、神奈川県秋季チャレンジはそういうのがないので、独立日程でやっているので、それが倍率を挙げる要因と言えると思います。だからこそ、神奈川県秋季チャレンジは受かるのは相当難しいです。筆記試験から超難関と言えると思います。

神奈川県秋季チャレンジは採用予定者数が多いので、チャンスはあるものの、逆にチャンスが多いと思って多くが受けに来るため、逆に受かるチャンスは狭まるという感じでしょうか。神奈川県秋季チャレンジの募集人数は毎年変動があると思いますけど、毎年30~40人くらいは募集されるのではないか?と思います。
関連記事