_ 面接官がニコニコしたりニヤニヤしたら良い兆候?苦笑いは不採用、落ちるフラグか? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

面接官がニコニコしたりニヤニヤしたら良い兆候?苦笑いは不採用、落ちるフラグか?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験や民間企業の面接では、面接官の仕草1つで受験生も不安になることがあるでしょう。面接中に面接官がニヤニヤ、またはニコニコし始める瞬間がもしかしたらあるかもしれません。または面接官が苦笑いってケースもあるでしょう。苦笑いってあまり良いイメージないですよね。面接官が苦笑いをすると落ちるフラグか?というと、そうとも限りませんけど、面接官の心情を察知すると、微妙な感じを連想する人も多いと思います。

しかし、面接官がニコニコしたりニヤニヤするというのは、悪いイメージではないと思います。むしろ、良い感じのときもあるのではないでしょうか?面接官がニコニコまたはニヤニヤしているシーンがあると、それはそれで気持ち悪いかもしれませんけど、=悪い兆候ではないと思うので、面接官の心情は正確には察知しかねますけど、これは興味や関心、または期待を抱いている状態じゃないか?と思います。

全てがそうとは言いませんけど、そういう状態で受験生を見ている面接官もいるのではないでしょうか?先ほど言ったような面接官が苦笑いをするような状況は個人的にはあまり良い兆候には見えませんけど、面接官がニヤニヤまたはニコニコするのは、演技じゃないという前提に立つと、割と良い兆候かな?という部分もあると思います。

実際問題としてはニコニコとニヤニヤと苦笑いを正確に見極めることができない場合もあるので、それがどれに当たるのか?が分からない場合にはどうしようもありませんから、受験生としても困るとは思うんですよ。しかし、公務員試験や就活の面接官がニコニコしている、ニヤニヤしていると思ったら、割と良い兆候かもしれないと自信を持ったほうが良いかもしれません。自信がないないよりはあった方がその面接にも良い影響を与えると思うので。

面接官の言動や仕草は1つ1つが心理的影響につながる場合もありますけど、良い影響なら良いのですが、そうじゃない場合もあって、それで面接の合否が左右されてしまうと、あまり良い状況ではないですから、気にしすぎないことも重要だと思います。面接官が苦笑いをしたら不採用フラグというわけではないでしょうけど、あまり良い兆候ではない気がします。でも、そういうのを気にするのは、できるだけ面接が終わってから、面接中は面接に集中して、面接官のニコニコやニヤニヤの表情に気付かないくらいが本当は良いのかもしれないです。
関連記事