_ 内定辞退はあっさりが大半だが、圧力をかける、嫌がらせ、脅すケースもたまにある | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

内定辞退はあっさりが大半だが、圧力をかける、嫌がらせ、脅すケースもたまにある

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験で内定辞退をするときには恐らくあっさりということが多いと思います。民間企業で言われているような圧力をかけたりするケースはまずありえないでしょう。内定辞退をする時期にもよるかもしれませんが、ギリギリまで考える権利があるわけですから、ギリギリまで内定を承諾するか?辞退をするか?考えることは悪いことではないのです。

基本的に公務員試験の場合には内定辞退によって圧力をかけられたり、嫌がらせを受けたりということは考えづらいですから、怖がらずに連絡をしてみれば良いと思います。民間企業だとたまに嫌がらせをされる、圧力をかけられるということがあるみたいですけどね。それは具体的にどういうことか?というと、嫌味を言われたりすることもあれば、脅しに近い言動も見られるでしょう。

脅しが脅しになっていないケースもありますけど。例えば、内定辞退をした学生が所属する大学からは今後は一切採用しないとかね。まあ、そんなことを言ってくるのは大企業ではないでしょうから、1つ受けられない企業が増えても別に大した迷惑になりません。また、そんな脅しをしてくる企業がまともな体質とは思えないので、そんなところに後輩が採用されなくて安心という気持ちもあるでしょう。

脅しが脅しになっていない。脅している時点で、あ!やっぱり内定辞退しておいて良かった!と胸を撫で下ろすことでしょう。民間企業での内定辞退で圧力や嫌がらせ、脅しをかけてくる企業はほんの一部だとは思いますけど、誰かはそういう企業に遭遇しているはずです。内定辞退に際してそういう圧力をかける、脅すなんて行為をして、個人的には何の意味があるのか?とは思います。

ただの憂さ晴らしなのか?もしれませんが、それをやってやっぱり入社します!なんてケースはほぼ皆無でしょうし、むしろ企業の悪評を流されて逆効果にしかならない気がします。冷静に考えれば、そういう憂さ晴らしはプラス材料がなくて、マイナス材料しかないと思うのですが、そういうことを判断できない人事もいるということでしょうか。公務員試験の内定辞退ではあっさりというケースが多いと思いますけど、民間企業の内定辞退でもあっさりというケースが多く、内定辞退で圧力をかけたり、嫌がらせをしたり、脅されるというケースはたまにしかないとは思います。でも、用心はしておいた方が良いです。
関連記事