_ 保育園の騒音への苦情に対する対策はうるささのレベルで判断するしかない | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

保育園の騒音への苦情に対する対策はうるささのレベルで判断するしかない

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


保育園を立てようとしたら、子どもたちの声がうるさいとして苦情が殺到し、断念せざるを得なくなったというニュースがあったと思います。そういったニュースに対して批判もありますけど、こういう保育園とかの騒音の問題は客観的な見地から対策をするのが良いと思います。それは何か?っていうと、騒音のレベルです。そのうるささを1度計ってみれば良い。

一定期間、子どもたちが発する声のうるささのレベルを機械で測ってみて、法律で制限されている音量を超える程度の騒音がどれくらいの頻度で計測されるか?それで解決を図るのが良いと思います。法律が許しているレベルの騒音と比べて、実際に保育園の周辺で発せられている騒音があまりにも多い場合には、保育園の騒音は住民がうるさいと感じることに正当性があることになります。つまり、保育園側が住民が困らないように騒音を抑えるべき義務を負うとなるでしょう。

しかし、そうでないならば、その騒音は法律が発しても良いとしている騒音であり、文句は言えなくなってしまう。強いて言うならば、我慢をするか、法律自体に文句を言うか。でしょう。これが客観的に見て1番とれる対策になるかと思います。既存の保育園に関してはこういった対策をとるとして、これから立てるべき保育園に関しては、ちょっと難しいです。

実際、保育園を運営した場合の騒音レベルが予想できませんから。だから、保育園を作ってみないとわからないという話でもあって、保育園の騒音の苦情は、どうせまたうるさくなるんだろうという予想のともに行っていると思います。実際、法律が許すレベルの騒音を越えるか?どうかは分からないが、仮に超えていなくても苦情はどうせきます。

うるさいものはうるさいんでしょうからね。音って、人をイライラさせる要因になりうるものなんですよね。私はそうではないですけど、食べ物を食べるときの咀嚼音ですらイライラする人もいるみたいですから、それが仮に正しいならば、保育園の騒音だってイライラするのもしょうがないとなるでしょう。騒音に感じるか?どうかは人それぞれなので、こういう問題は解決するのは厳しいですし、いろいろなところでまた起きると思いますよ。
関連記事