_ 公務員試験の集団討論に受かる人、落ちる人は運で決まる? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験の集団討論に受かる人、落ちる人は運で決まる?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の集団討論はいろいろな自治体や試験種で実施されており、非常にメジャーな採用方法になってきたと思います。しかし、この集団討論は非常に難しい試験です。個人面接と比べると大分運ゲー率が上がる気がします。運ゲーというのも適当じゃないかもしれませんが、運も関係はありますよ。それは筆記試験だって運は関係ありますから。

集団討論の運要素というと、そもそも討論のテーマが何か?一緒に討論をするメンバーという2つの要素が主に考えられます。集団討論に受かる人は、知識を持っている人というよりかは、その場その場に応じた適切な論理展開ができる人という印象があります。論理展開をするためには最低限の知識は必要ですけど、そこまで専門的な深い知識がないといけないわけではないのです。

拙い知識でもというか、自分なりに考えた結果が話せれば良いと思っていて、基本的に正解、不正解を決める討論ではないため、プロセスの方が重要視されます。意見の結論がどうであれ、そういう結論に至った理由などが明確で、かつ筋が通っていれば、どういう結論であれば、ある程度は評価対象にはなると思うのです。しかし、公務員試験の集団討論で落ちる人というのは、一般的には正しいとされていることしか言わないとか、結論に至るまでの理由がよく分からない、不明確な場合には、論理的な展開ができていないので、評価が下がる余地があるのです。

それができるか?できないか?でまず合否が分かれますから、公務員試験の集団討論に受かる人はそういう能力が必要になります。しかし、公務員試験の集団討論ではそれ以外にも司会の人が上手く流れを作ってくれたり、他の人たちがどういう意見を言うか?で、その場その場で話すのに適切な内容があるはずです。流れに沿っていない内容だと、内容自体の整合性はあっても評価対象にならないことがあるので、自分でコントロールできない部分がどうしても生まれてしまうと思います。

そこは自分でどうにもできない以上は運としか表現できないのかもしれませんが、公務員試験の集団討論に受かる人はそういった部分にも恵まれる必要もあるというか、そうなってくれたほうが受かる確率が上がると思います。そうならなくても、ちょっと失敗しても受かるケースも多々あるとは思いますけどね。集団討論って、二次試験の中の一部で行われることが多いため、個人面接次第のところも大きいですから。

個人面接ができれば、集団討論に失敗しても受かる可能性は十分あると思います。集団討論に落ちる人はすでに紹介したように論理的な展開ができずに、意見は言ったは良いが、なんでそうなるのか?の部分がわからないケースがあります。意見が言えないとどうしようもありませんけど、意見が言えても公務員試験の集団討論は落ちる可能性があるので、公務員試験の集団討論で受かる人になれるように頑張ってください。
関連記事