_ 鼻をかむ、あくびをするなど面接官の態度が悪い、失礼というのは演技の可能性が高い | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

鼻をかむ、あくびをするなど面接官の態度が悪い、失礼というのは演技の可能性が高い

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


面接官の態度がなんか良くないなと思うことがたまにあるかもしれませんが、それは恐らく意図してやっていることだと思います。公務員試験や就職活動では面接官が複数人いることも多いと思いますけど、そのうちの全員ではないが、1人とかが態度が何なんだこれは?と思うようなときがたまにあるのです。これは演技でしょう。

というのも、圧迫面接ではないけど、それに似たような意図があるのか?あからさまにいきなり面接官の態度が悪いときがあるのです。それは最初からじゃなくて途中からとかの場合もあります。途中からの場合にはほぼ100パー演技だと思いますが、面接官の態度が失礼極まりないと思われる瞬間がたまにあります。民間企業はまだ良いかもしれないけど、公務員でこういう面接はありなのか?とも思いますけど。

具体例を挙げると、私も経験したことですが、面接官がいきなり鼻をかみだした記憶があります。あとは面接官があくびをしたりとか、だるそうな感じをするとかです。私はそのときにはこれは演技だろうなと思って、完全に無視していましたが、今思えば、正直演技うまくないですよ。公務員試験の場合には、普段人事とかじゃない人間が面接官をやらされたりするので、ぎこちないところがあるんですよ。

だから、面接官がそういう態度が悪いようなことがあっても、スルーすれば基本的には良いと思います。反応のしようがないですけどね。「ちょっと、あなた失礼じゃないですか!」と一言いった方が良いとか、そういうことなのかもしれませんが、そんなことを言える勇気はまず持てません。だから、過剰に反応しないならば、それで良いと思うんですけどね。面接官があくびをしたり、話をかんだり、だるそうにするというのはよく使われる手段かもしれないので、頭に入れておきましょう。

面接官の態度が失礼だったとしても、それは演技である可能性が限りなく高いと思うので、特に対処法があるわけではないですが、惑わされずに面接に淡々と臨んでいくのが良いと思います。特に話をしている面接官以外の面接官がそういうことをしていたら、これはスルーをするのが1番に思えてきます。面接官の態度が失礼というのは、最近ありがちな手法かもしれませんから、そういう面接官がいることはあらかじめ知っておいてください。
関連記事