_ 面接官と合わない、嫌われると思っても、きつい、厳しい態度は演技かもしれない | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

面接官と合わない、嫌われると思っても、きつい、厳しい態度は演技かもしれない

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


就活や公務員試験の面接官はもちろん人間なので感情があるわけですよ。したがって、面接を単純に機械的に行うのは難しいと思います。そうなると、面接官と合わないシーンっていうのがどうしてもあるはずなんですね。民間企業の場合には面接官と合わない瞬間があっても、何社も受けていくわけですから、諦めもつくかもしれません。

しかし、公務員試験は面接を受ける機会がそもそも少ないです。そんな何回も受けられるケースは少ないでしょう。だから、厳しい筆記試験を潜り抜けてきたのに、面接になったら面接官と合わない感じで、終始面接が進むとか、面接官に嫌われるというような雰囲気を感じている人も中にはいるんじゃないか?と思うのです。せっかく受けた面接がそんな感じではショックですよね。

面接官に嫌われると思っても、勘違いというケースもありますけどね。公務員試験の面接官も最近は考えて面接をやっていますから。いわゆる和やかな雰囲気にならないこともしばしばあると思います。だから、面接官が厳しい雰囲気、きつい雰囲気を出していることもあるが、それはわざとやっていることもあるでしょう。そうなると、それが一概に不利に働くというか、受かる可能性を下げているとは言えないと思います。

面接官と合わない雰囲気があっても、それは面接官が意図している、わざとやっていることならば、合否に直接関係するというか、少なくとも、そういう感じの面接が不採用になりやすいとか、そういうわけではないでしょう。面接官がきつい口調、厳しい問いかけをしてきたとしても、それは面接官と合わないというよりは、あえてそんな態度をとっているだけの可能性もあるので、面接中にこれはダメだと諦めてはいけないのです。

面接官も演技をするということを頭に入れておいて、面接官に嫌われている?と思っても、諦めないで、ただの演技かもしれないので、面接官と合わないと、嫌われると思ってもそういう面接もありますから、結果的に受かる可能性もありますし、試していることもあるので、就活や公務員試験の面接で厳しい、きつい面接官と出会っても、冷静に受け答えをしていきましょう。
関連記事