_ 公務員のインターンシップは行くべき?行く意味とは?行かないとマズイのか? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員のインターンシップは行くべき?行く意味とは?行かないとマズイのか?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員のインターンシップって参加した方が良いのでしょうか?公務員試験にそもそもインターンがあったのか?と初めて知った方もいるかもしれませんが、実はあるんですね。とはいっても、参加している人は多くはない気がします。そもそも、知らない人も多いと思いますから。公務員のインターンシップは自治体や官庁ごとに募集されていたりしますが、仕事の体験はさせてもらえないでしょう。

だから、民間企業のインターンシップとは違います。民間企業は給料が貰える場合もあれば、貰えない場合もありますが、公務員のインターンシップは給料はまずもらえないと思います。それは給料をもらうに値する仕事をまずしないからです。というか、させてもらえないことが多いです。知られては困る、公務員の内部にとどめておかないといけない情報があるので、それを見られないためです。

だから、公務員試験のインターンシップはただ仕事を見ているだけ。といった受け身のような感じになってしまうかもしれません。そうなると、公務員のインターンシップの行く意味というのはそこまでないのかもしれません。そんな公務員試験のインターンシップに行くべきか?行かないでも構わないか?というと、行って損はないと思うので、時間があるなら行っても良いと思いますが、行かないとしても問題があるわけではないでしょう。

インターンシップに行くとそれが面接の話のネタになることもあるので、そこが1つ便利というのもありますが、インターンシップに行かない人は別のネタでを話せば良いので、大した問題にはなりません。インターンシップに参加したということをアピールできれば、熱意を買ってもらえる可能性もありますけど、公務員のインターンシップに行っていない人でも、話の内容次第では受かるでしょう。

公務員のインターンシップはどれだけ参考になるか?は分からないので、はっきり言って公務員試験のインターンシップに行くべきか?行かないのはマズイか?というと、微妙なところもありますけど、無理して行くようなものという気はあまりしません。結局は公務員の仕事を理解するためがメインなので、それが他でできるならばそれで良いですし、できないのなら、生で公務員の仕事を見ておきたいならば、参加する動機にはなりますね。

公務員のインターンシップは行かないでも良いですけど、行っても良いです。そんなに合否にかかわることでもなければ、公務員として採用された後に困ることでもないでしょうから。あくまでも公務員を志望する人たちに向けて、公務員試験を受けるか?どうかを見極めるための材料としてインターンシップはあると思いますから、受けることが決定している人にとっては公務員のインターンシップはあまり行く意味がないと思うのです。
関連記事