_ 就活や公務員試験の面接で緊張、あがり症が出たら薬以外で克服できる? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

就活や公務員試験の面接で緊張、あがり症が出たら薬以外で克服できる?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


就活や公務員試験の面接ではどうしても緊張してしまって、あがり症だという人もいるのではないでしょうか?あがり症というのは、緊張してしまって上手く面接で話せないとか、頭の中が真っ白になってしまうといったことだと思いますが、緊張は誰でもするので、緊張自体をしないというのは無理ですし、現実的ではないでしょう。就活や公務員試験の面接であがり症や緊張を抑えるために薬を飲むという方法もありますが、そういったことをしなくても良い場合があります。

問題は緊張をした後にその緊張をどれだけ緩和できるか?鎮めることができるか?になると思います。緊張を鎮める方法、就活や公務員試験の面接であがり症になってしまう人がその症状を緩和するには、副交感神経を優位にすることが必要です。公務員試験の受験生ならば、生物の勉強をしたときにやったのではないでしょうか?

交感神経と副交感神経は拮抗して働くとされており、どちらかが優位に立っていて、その効果が出続けるというものです。つまり、優位になるのが1つ決まっているので、副交感神経を優位に立たせられれば、交感神経の働きが弱まり、緊張が和らぐのです。副交感神経は実際、緊張を抑える、興奮を抑える方向に働いてくれますから。これが就職や公務員試験の面接で使えるあがり症の克服の鍵になります。

では、交感神経を押さえて、副交感神経を活発にさせるためには、どうしたら良いのか?1番簡単なのは深呼吸です。深呼吸をゆっくりやていきましょう。息を吸って、吐くまでの動作をゆっくりとやっていき、それを何度も繰り返すと少しずつ気持ちが落ち着いてくると思うので、面接を受ける前にやってみると良いと思います。簡単にできる方法ですから。

これでも緊張が完全に消えることはないですし、あがり症もどこまでマシになるか?は分かりません。でも、やらないよりはマシだと思うので、就活や公務員試験の面接の前にあがり症が出て克服したいと、緩和したいと思ったら、深呼吸をしていくと良いと思います。忘れてしまうことが問題なので、深呼吸をするということを覚えておきましょう。面接でのあがり症や緊張は薬に頼らないでも方法がありますから。
関連記事