_ 学校事務になるには?倍率が高い場合は難易度も難しいと言え、受からない可能性も上がる | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

学校事務になるには?倍率が高い場合は難易度も難しいと言え、受からない可能性も上がる

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


学校事務の職員採用試験の難易度ってどうなのでしょうか?市役所職員などの地方公務員などと比べると難易度はどうなのでしょうか?学校事務も都道府県や市町村に採用されるので、比較対象は地方公務員の市役所の職員などになると思います。採用試験の内容を考えると難易度の比較が出来るかもしれません。学校事務の採用試験の内容は行政職の公務員試験に似ています。

学校事務の一次試験は筆記試験である場合が多く、教養試験と作文か論文の試験になります。教養試験は公務員試験の行政職と同じような感じになると思いますが、難易度はやや下がる可能性もあります。専門試験の勉強をしなくても良いというのが1つ大きいでしょうか?作文か?論文になるか?は分かりませんが、こちらもある程度テーマの出題予想がしやすいものになっていると思います。

学校事務の難易度を語るうえで比較対象として市役所試験などを例にすると、教養試験や論文、作文試験の難易度はそこまで変わらないかもしれません。むしろ、学校事務の方がやや易しいという状況もあるでしょうか?ただ、問題は倍率で学校事務の倍率はどこを受けるか?によっても区々です。これは市役所職員のケースでも同様ですが。

そのため、学校事務に受かるには?そのための難易度といっても、結構違いがあるはずです。受かりやすいところとそうじゃないところに分かれており、受かりやすいところは倍率も低いでしょうし、受かりづらいところは倍率がかなり高い可能性もあります。それは市役所試験などの行政職の公務員試験も同様です。

行政職の公務員で言えば、1番上が国家総合職、次が国家一般職、裁判所職員、国家専門職、地方上級、国立大学法人、次が特別区、東京都庁になるでしょうか。市役所試験はこの3つの順位のうちに、どこに入るか?っていうのが問題で、倍率が区々なので、はっきり言って、難易度でいえば、3つのうちのどこにも入る可能性があります。

そう考えると、学校事務も試験内容は単純ですが、倍率が物凄い高いところは国家総合職の受かる難易度になる可能性もあるかもしれませんし、倍率が低ければ、特別区や東京都庁並みか、それ以下の難易度である可能性もあります。学校事務は倍率が何とも言えないくらいに変わりやすいので、それによって学校事務の難易度も大幅に変化します。学校事務に受かるには、学校事務になるには、そういう倍率が高いところを避けた方が良いかもしれないです。
関連記事