_ 東京都庁の面接が和やかか?厳しい圧迫面接か?は落ちる、受かるに関係ない? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

東京都庁の面接が和やかか?厳しい圧迫面接か?は落ちる、受かるに関係ない?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


東京都庁の面接は従来の2回から1回に変更になりましたが、なかなか難しいと思いますよ。都庁の面接の倍率自体はそこまでではないものの、簡単に受かるわけではないですし、結局特別区との差別化や志望動機などを詳しく聞かれていくので、みんな悩みぬいて面接対策をして、本番に挑むと思います。都庁の面接はかなり多くの人数が受けるため、対応する面接官の数も多いでしょう。

すると、いろいろな面接官が出てくるわけですから、それぞれの性格などが色濃く反映されると思います。すると、都庁の面接の中には圧迫面接と思われるものが出てくる可能性もあります。いわゆる厳しい感じの面接ですね。これは都庁以外でも遭遇する可能性は十分ありますけど、面接官が圧迫面接を意図しているのか?はそもそも分かりません。

都庁の面接官の中には厳しい雰囲気の面接をする人もいるし、和やかな感じの面接をする人もいるはずです。だから、それは圧迫面接か?どうかということも含めて、確率や運の問題であって、都庁の面接が厳しい圧迫面接になるか?和やかな面接になるか?というのは、受験生次第というよりは面接官次第の問題が大きいと思います。そうであれば、都庁の面接が和やかか?厳しい感じか?というのはあまり関係ないと思います。

恐らく両方の報告があると思うんですよね。東京都Ⅰ類Bの採用試験は多くの受験生が面接を受けるので、面接の再現もかなりデータがあるはずで、それらを見ると和やかの方が多いとは思いますけど、厳しい感じの面接を受けたという人もいるはずです。だから、本番がどっちになるか?は分かりませんが、自分の面接が和やかでも、厳しいとしても、それは合否にはあまり関係ないと思いますから、気にしない方が良いです。

むしろ、和やかよりは圧迫気味の方が良いかもしれないのです。それは和やかな面接にないある重要な要素があるからです。つまり、圧迫面接のような厳しい面接をして、受験生を不快にして、しかも落とすというのは、はっきり言って恨まれる可能性もある。恨まれるまでいかなくても都庁に対して悪いイメージを与えますから、結果的に落ちることはあっても、落とす目的でそういう面接はやらないでしょう。

圧迫面接で受験生を不快にしておいて落とすというのは、それがいろいろなところで口コミや評判として出回って、都庁のイメージダウンにつながりますから。だから、和やかだけど落とす目的っていうのは、まだ可能性としてはあります。初めから採用する気ないとか、落とすつもりとか、そういうのはまずありえないと思いますが、都庁Ⅰ類Bの面接で和やかか?厳しい圧迫面接か?どちらが来ても、冷静に対策した通りに対応すれば良いでしょう。東京都庁の面接で和やか、厳しい圧迫面接と思われるもの、どちらが来ても合否には直接は関係はしないと、私は考えます。
関連記事