_ 公務員試験の面接で、アルバイトの「クレーム処理」経験は最適 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験の面接で、アルバイトの「クレーム処理」経験は最適

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の面接では、自己PRなどを話す機会が多いと思いますけど、そこでアルバイト関連の話題を話す人も多いのではないでしょうか?アルバイトは大学生くらいの年齢であれば、多くの人が経験していますし、面接で話す題材としても結構適切なものだと思いますし。でも、アルバイトの中でもおそらくいろいろな経験をしているはずですよね。

公務員試験の面接では、アルバイトの中でもよく「クレーム処理」なんかを題材として話される人が多くいます。実はこれ結構大切なことだと思うのです。公務員になって働いてみると、結構住民の人と接する機会は多いでしょう。そして、中にはクレームだったり、文句だったり、優しい意見だったりと、そういったことを言ってくる方もいますね。

実際に公務員の仕事を熟知している公務員からすれば、「何て的外れなクレームなんだ...。」と思うことも多々あります。それだけ理不尽なこともある公務員の仕事で、実際にクレームに対応する力を見せることは大切になってくるのです。そのような経験を積んでいれば、実際にクレームを受けたときも柔軟に対応することができる可能性が高いからです。公務員は利益追求はしていないので、理不尽なことを言ってくるような人たちに正論をぶちかましても良いような気もしないでもないですけど。

クレーム処理というか、そういう経験の題材はなんでも良いです。スーパー、コンビニ、塾講師などが代表的でしょうか。多くの人はアルバイトの経験談が中心になってくると思います。そのアルバイト中にどんなクレームがあったのか?そして、あなたはどのように対応したのか?今となってみて、ここをこうすれば良かった!と思う点はないか?主にこれらを考えてみましょう。

特に3つ目は大切です。どんなときでも完璧なクレーム対応はできるものではありません。したがって、常に反省すべき点があるはずなのです。今となってみて「ここをこすうればもっと良かったのに!」と思える点があるかどうか?これはいわゆる向上心と言われるものです!そこを1番語れるかどうかも面接では重要になってくるでしょう。本番の面接までに適当な経験を過去にしていないか?分析してみてください。
関連記事