_ 企業に義務付けられた障害者雇用制度の法定雇用率などの数字は最新のものをチェック! | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

企業に義務付けられた障害者雇用制度の法定雇用率などの数字は最新のものをチェック!

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


障害者雇用に関しての法律は以前から存在していましたが、たまに内容が変わるので、最新の数字をチェックしておいてほしいのです。チェックしたものが最新のものでないということになれば、それをいくら覚えてもしょうがないのですから。障がい者の法定雇用率は5年ごとに変わるらしく、2013年が1番最新の法定雇用率になるようです。

ということは、2018年ごろにはまたこと法定雇用率は変わるということなので、チェックしておいてください一応、2013年以降の障害者雇用に関する法定雇用率は民間企業が2.0%、(前回は1.8%)、国や地方公共団体は2.3%(前回は2.1%)、都道府県の教育委員会は2.2%(前回は2.0%)となっています。一応、これが最新の数字ですが、2018年くらいにはまた変わると思うので注意してください。

ちなみに法定雇用率を守らないといけない、企業の基準というのは、以前は従業員が56人以上でしたが、今は50人以上の企業に限られることになりました。この辺もかなり細かい数字なので間違えないようにしましょう。こういった障害者雇用に関する法律の問題は法律の内容や実際にこの義務を守っている企業の割合などで問題として出やすいと思います。

それらの数字は時間が経つと本当に変わるので、最新のものを本当にチェックしていきましょう。時事問題や社会政策とかの科目で出題される可能性がありますから、ちゃんと勉強していきましょう。時事対策本とかを買えば、それに載っている可能性もあると思いますし、社会政策とかの参考書とかにも、最新のものを買えば記載されていると思います。

もしかしたら論文とかでも出るかもしれないので、こういった情報については細かい数字を知識としてちゃんと頭に入れておいた方が良いと思います。あとは法律や制度自体の細かい内容、数字以外の部分についてもちゃんと調べておくと良いと思います。公務員試験を受ける方にとっては必須の事項なので、忘れないで勉強しておきましょう。
関連記事