_ 就活のインターンシップに参加する時期はいつから大学何年生から? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

就活のインターンシップに参加する時期はいつから大学何年生から?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


就職活動におけるインターンシップは大学何年生から始めれば良いのでしょうか?いつから始めるべきか?については早ければ良いとは微妙に言い難い部分もありますが、暇な時間があるならば、1年生や2年生から参加しても損をすることはないと思います。その時期に仮に参加できて、したとしても、実際に就職活動をするころには企業の感じがやや変わっている可能性もありますから、早く始めるのが一概に良いとは言えないでしょう。

それに1年生や2年生のときに参加するものは採用にほぼ関係ないでしょうから、3年生になってから参加するものと比べると、メリットは落ちます。特定の企業における仕事を疑似体験できる機会という意味では貴重ですけど、そういうのを体験していないと不利になるわけではないと思いますから。すでに志望企業が決まっている場合には、そこがインターンシップをやっていれば、早い段階から参加してもいいとは思います。

1年生や2年生から参加して、3年生、4年生になったときに目熱やエントリーシートで、そういう早い時期からインターンシップに参加していたという事実を述べれば、それだけ志望同度合いの高さのアピールにもなります。そのために参加するだけならば、意味合いはちょっと薄いかもしれませんけど、すでに入りたい企業が決まっているならば、そこを見学してみて、実際に様子を知る意味はあるのではないでしょうか?

したがって、インターンシップに関しては大学何年生から、いつから参加すべきか?に関しては志望企業が決まっているのであれば、いつ参加しても構わない、大学1年生から、または2年生から参加しても構わないでしょう。志望企業がインターンシップをやっていれば、早いうちから、周りが就職活動をやっていないうちから検索して参加しても良いでしょう。

しかし、インターンシップに参加する意味は内定の確率を上げる意味でもあるので、そういうインターンシップは3年生からになると思いますから、採用確率を上げたい、内定をもらえる確率を上げたい、少しでも就活において有利になりたいという方は3年生になってからいくつかのインターンシップに参加していくと、選考において有利に扱ってくれる可能性があります。インターンシップに参加する時期はいつからが良いのか?大学何年生からが良いのか?というときには、こういったポイントを考慮していきましょう。
関連記事