_ 市役所や県庁などの地方公務員は国家公務員よりも採用漏れのリスク、確率が低い | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

市役所や県庁などの地方公務員は国家公務員よりも採用漏れのリスク、確率が低い

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


市役所や県庁などの地方公務員は、国家公務員よりは採用漏れのリスクや人数は少ないように思います。国家公務員は官庁訪問とかもあり、採用漏れの確率が相当高いような試験種もあるので、国家公務員の採用漏れのリスクや割合はとても高いように感じている方もいるかもしれません。しかし、地方公務員の場合には採用漏れに関しては、相対的に人数や割合は少ないと思います。

どの市役所や県庁、試験種を受けるか?にもよりますけど、市役所や県庁に限って言えば、採用漏れのリスクについて言及しているところがあります。そして、中には「最終合格者は原則として全員採用される」といったことを各自治体のホームページの職員採用案内のページに書いていることがあるのです。それは全ての自治体ではありません。

一部の自治体ですが、場合によっては書かれています。そういうことが書かれているところは、基本的には、採用漏れがほぼないと言って良いということです。過去の採用試験からいって、最終合格者の中で採用されなかった人はかなり少ないということなのでしょう。そういうことを書いている自治体もあるので、地方公務員の中には事実上採用漏れがほとんど存在しないようなケースもあるということです。

市役所や県庁の場合には特にそれがあるので、国家公務員よりは地方公務員の方が相対的に採用漏れが少ないということが言えるかもしれません。市役所や県庁を受ける方は多くの肩が該当すると思います。国家公務員の方も受ける方は多くいると思いますけど、こちらは筆記試験も難しくて、面接も大変で、面接に受かって最終合格になっても、採用漏れのリスクが大きい場合もあるということになります。

市役所や県庁と比べて国家公務員は最終合格者数も採用者数が多いので、いろいろと読めない部分も多いのでしょうかね?国家公務員よりは地方公務員の方が、市役所や県庁の方が採用漏れの確率や割合は低いですし、最終合格をすれば採用される可能性も高いということで、どうでも良い情報かもしれませんが、覚えておきましょう。
関連記事