_ 会社説明会や面接の遅刻ではお詫び、謝罪ののメールや電話をしないと落ちる? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

会社説明会や面接の遅刻ではお詫び、謝罪ののメールや電話をしないと落ちる?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


就職活動をしていると、どうしても1日の間に複数の会社に行かないといけないことがあります。会社説明会、面接などの選考を1日の間に複数こなすことも稀ではありません。さらに大学での授業も重なると、本当に大変だと思います。したがって、日程と時間帯を考慮して、なんとかいけると思えば、1日に複数の予定を入れることもありますが、電車の乗り降りとか、前の説明会や専攻が長引いてしまうとか、いろいろな事情があると思います。

その結果、次に予定している会社に遅刻してしまう可能性もありますが、その辺は会社としてはどう見ているのでしょうか?少なくとも会社説明会であれば、遅刻をしてもそんなに問題にはならないと思います。会社説明会はよほど遅刻しない限りは、数分とか、10分程度くらいならば中に入れてくれるでしょう。そして、問題なく聞けると思います。

もしかしたら遅刻した部分が記録されているかもしれませんが、でもしょうがないですよね。1日に複数の予定を入れないといけないことは、ある程度企業側も認識しているでしょうから。だから、何かが狂って、遅れてしまうことはありますから、少しは考慮してくれると思います。だから、別に会社説明会に少し遅刻したくらいならば、そんなに問題発生しないでしょう。

じゃあ面接やグループディスカッションなどはどうか?というと、こちらに関しては個人面接であれば、多分待ってくれます。待ってくれるにも限度はありますけど。少しの遅れなら待ってくれるでしょう。ただ、評価はその分下がる可能性大です。でも、事前に遅れそうだときちんと連絡をしておくと、ちゃんと社会人としての対応ができているということで、評価が変わらない可能性もあるので、少しの遅れならば面接が始まる前に連絡をしておくと良いと思います。

面接の少々の遅刻は良いですが、グループディスカッションや集団面接の場合には、遅刻は他の人の問題もあるので、待たずに始められている可能性も高く、遅刻をすると受けられないことも承知しておきましょう。そして、SPIなどの筆記試験に遅刻をすると、こちらは時間厳守なので、制限時間が少なくて良いならば受けられる可能性もありますが、無理と言われることもあるので注意です。

会社説明会の遅刻は電話やメールでの謝罪などの連絡はしないで向かって構わないと思います。しかし、会社説明会に遅刻したら会場でお詫びを直接社員に言うと良いでしょう。グループディスカッション(集団討論)や面接などの遅刻は、電話で謝罪と遅れるという連絡をしておくと良いです。評価を下げられずに済む可能性がありますから。ただ、その場合でも限度があるので、長時間の遅刻だとさすがに評価は下がるでしょう。それでも面接の遅刻でお詫びの電話をしておくのとしていないのでは大分印象が変わります。

会社説明会や面接は遅刻すると落ちる、不採用というわけではないものの、やはり遅刻はできるだけしないようにしてください。でも、少しの遅刻ならば、就活生も忙しいの分かっていますから、それほど不利にならずに選考を受けていけるかもしれません。説明会は到着した後で、面接は向かっている途中でお詫びや謝罪をしておくと良いでしょう。
関連記事