_ 保育士の給料はなぜ安いのか?上がるのか?改善策はあるのか? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

保育士の給料はなぜ安いのか?上がるのか?改善策はあるのか?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


保育士の給料は結構安いと言われています。ある保育士自らの給料事情をTwitterでつぶやいたところ、給料が安いというのが最近の保育士の評判みたいになってしまっていますが、平均年収は約300万円で、極端に低いわけではないけど、世の中の平均よりは低いです。保育士の仕事内容はそれなりにきついでしょうし、大変だと思います。しかし保育士の年収は300万円です。手取りにすると、ボーナス抜きで20万強くらいみたいです。仕事内容のきつい部分と年収300万円が釣り合っているのか?というと、それは判断は難しいです。私は保育士ではないですから。

保育士の年収が300万円というのは、言うほど低いのかな?というのが率直な感想です。少なくとも生活に困るレベルではないです。上を見たらキリがありませんが、下を見てもキリがないと思います。つまり、平均よりは低いとしても、ワーキングプアのレベルではないのですから、世の中には年収300万円と同様の収入の仕事やそれ以下の仕事は山ほどあります。そう考えると、不満はあるかもしれないが、そういう仕事があること自体はちょっとしょうがない面もあるような気がします。

でも、なぜ保育士の給料は安いのか?上がらない理由は何なのか?というと、非常に大きいのは、サービスの受け手がお金をそこまで払えないから。というのは大きい気がします。それはどういうことか?というと、保育士の給料は保育園などを利用している人たちからの料金と公的な補助金で払われているのですが、当然補助金は「補助」の役割しか果たさないので、金額としては多くはないでしょう。

すると、メインの収入は利用者からの料金に依存することになりますが、保育園の利用者はどうしても収入面では恵まれていない人が多いのです。近年、保育園を利用する人たちで多いのは共働き、片親世帯の人たちです。彼らは普段働いているので、子供を預かってほしいのだが、なぜ働いているか?というと、そうしないと家計を維持できないからです。共働きにしろ、シングルマザーなどの片親世帯にしろ、収入に余裕があるという家はほとんどないと思います。

そうなれば、そういう収入の少ない人たちからは多くを徴収できません。そもそも払えないわけですから。だから、利用料の値上げに踏み切ると、そもそもそその金額を払えないから、利用自体をやめてしまい、益々収入源が減り、保育士の給料が上がらない。上がらないどころか下がる理由になってしまうので、利用料金は変えられないのです。つまり、現状としては保育士の給料が上がらない理由はこういった部分で説明ができ、かつ保育士の給料を上げる改善策、解決策は難しいと思われます。

料金を上げたら客離れが起きるのは、保育士に限った話ではなく、いろいろな業界でいろいろな会社が抱えている問題だと思います。補助金を増やしてもらうというのが、保育士の給料を上げるための1番の方法になるかもしれません。保育士の給料は上がるのか?という点については非常に難しいとは思いますが、補助金でなんとか改善を図るしか現状はないと思われます。
関連記事