_ 警察官になるには?受かるために必要な勉強期間と勉強時間 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

警察官になるには?受かるために必要な勉強期間と勉強時間

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


警察官になるにはいつから勉強をすれば良いのでしょうか?警察官の試験の準備といえば、多くは教養試験のための勉強期間になります。面接対策とかも一緒にやっておいた方が良いというのはありますが、筆記試験の勉強がメインになるでしょう。そこで筆記試験、これは教養試験と小論文試験などを含みますが、これらはどれくらいの期間勉強したら良いのでしょうか?そして、警察官の筆記試験に必要な1日の勉強時間はどれくらいでしょうか?

警察官の場合には筆記の難易度は高くないですから、勉強期間もそれほど多くはいりませんが、余裕を持ちながら6ヶ月くらいは用意しておくと確実です。警察官の勉強期間の平均は多分これくらいだと思うのですが、長い人は1年くらいやっている人もいるかもしれませんが、短い人は3ヶ月とかでしょうか?でも、警察官の採用試験の勉強期間は平均半年くらいだと思うのです。

そうなると、警察官の筆記試験の勉強はいつからやれば良いのか?というと、最低半年くらいはやるべきとなれば、筆記試験の当日から逆算して、6ヶ月前までには勉強を始めましょうということになります。予備校に通うのであれば、余裕を持っておいた方が良いので、さらに早くから通い始めた方が良いかもしれません。予備校での授業を聞いても、結局自分で復習をしないといけないので、予備校で授業を聞く数時間分が1日のうちかかりますから、それを考慮すると、独学の人よりも理解は進んでも、時間がかかる場合があるからです。

警察官になるには、どちらかというと面接の方が厳しいですし、こちらの方が重要なので、筆記試験はそれほど対策のための期間をとらなくても大丈夫な場合もありますけど、中にはやっぱり特定の科目が苦手だったりするので、警察官の筆記試験の勉強期間はとりあえず6ヶ月、半年は考えておくべきでしょう。ちなみに警察官になるための1日あたりの勉強時間はというと、こちらはできる範囲で良いと思いますよ。少なすぎなければ良いのではないでしょうか?1日数時間程度ずつやれば、間に合うと思います。

警察官の採用試験では、まず一次試験で教養試験と小論文などの試験が行われることが多いので、そのために適切な勉強をしていきましょう。警察官の問題は難しくはないですが、勉強時間や勉強期間はしっかりととっていかないと、油断すると受からないですから。本番は面接なので、そこになんとか立つためには、まずは筆記試験を通過していきましょう。
関連記事