_ 公務員試験の面接カードや履歴書の職歴欄の書き方の注意 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験の面接カードや履歴書の職歴欄の書き方の注意

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の面接カードや履歴書を書かないといけない機会があると思いますが、そのときには職歴を書く欄があります。その職歴は、アルバイトが可の場合もあれば、アルバイトを書いてはいけない場合、「アルバイトは除く」と書いてある場合もあります。多くは新卒の大学生が受けにくるので、アルバイト以外には職歴がない場合も多いでしょう。

そういったときには職歴はどうやって書けば良いのでしょうか?アルバイトに関して、特に記述がない場合には、アルバイトを書いても構わないということになるでしょう。その場合には、バイト歴を書けば良いということになりますが、特別区とかは、面接カードに職歴欄があると思いますけど、確か「アルバイトは除く」と書かれていたと思います。

今もそうなっているとは言えませんが、可能性はあるので知っておきましょう。この場合には何を書けば良いのか?新卒の大学生やフリーターをしている方は、アルバイトしか経験がないと思うので、そうなると職歴は何もかけません。でも、しょうがないです。その場合の書き方の問題です。書くことがなにもない場合には空欄が良いのか?「特になし」と書くのか?

これはどちらが良いのでしょうか?「ない場合は空欄で」みたいなことが書いてあれば空欄で構わないでしょう。ただ、そういったことが書いていない場合でも、職歴に関しては空欄でも構わないと思いますけどね。特になしと書くのも、空欄も何が違うか?って言ったら、何も違わないわけです。得られる情報として一緒なので、空欄にしていればバイト歴しかない(正社員歴はない)という解釈になりますから、何の問題もないはずです。

かといって、「特になし」と書いても問題はないとは思います。そんな部分で合否に影響するとはあまり思えないのです。書き方に正解はあまりないと思うのです。結局、それを見た人がどう感じるか?の問題なので。書くスペースがまっさらで線とかもひかれていないような場合ならば、空欄よりは「特になし」の方が何か良いかもしれません。線がひかれている(職歴の欄はそのケースも多い)場合には、特に書かなくても良いかもしれません。印象は人によって違うので、何とも言えませんけど、どちらを選んでもあまり変わらないとは思いますけどね。
関連記事