_ 公務員試験の社会科学は該当の専門科目の勉強だけで十分と言えると思う | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験の社会科学は該当の専門科目の勉強だけで十分と言えると思う

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の社会科学の勉強は、これは専門科目の該当科目の勉強で代用するというものと、一応専用の勉強をしておくという2つの方法がありますが、社会科学の中でも専門科目にはない、または特定の専門科目をやらないような人はそこだけは社会科学の専用の問題集で勉強をしておいた方が良い気がしますが、それ以外はもうやらなくても良いような気もしてきます。

例えば、社会政策とかは専門科目でやらない人もいると思うんですけど、社会政策の範囲ももちろん含まれているので、社会科学の過去問では、そこだけはやっておくとか、そういうことです。でも、それ以外の科目が全て専門科目でちゃんとやっているという場合には、もはやそれで十分だと思うのです。専門科目の過去問でちゃんと勉強して、社会科学の過去問での同様に勉強する必要はないと思うのです。

やればやるだけ知識がしっかりするというのはあるかもしれませんが、実際効果の程はそんなに大きくないと思いますから、再度社会科学で勉強をする必要はなく、社会科学に該当する科目のうち、専門科目をちゃんと勉強しているものは、専門科目の勉強でやった分のみで社会科学を勝負しても良いと思います。2度勉強することの効果が少なければ、やる意味は少ないです。

むしろ、その時間を苦手科目に費やした方が良いかもしれないのです。実際、再度社会科学で勉強をしたとしても、本番の点数で社会科学の成績が上がるか?というと、微妙だと思います。1点か2点上がれば良い方だと思います。変わらないケースが多いような気がしてきます。だから、効率化を考えるならば、社会科学は専門科目で勉強していない科目のみやっていきましょう。

ただ、そのためには専門科目でもちゃんと点数がとれるように勉強をしないといけないです。そうしないと、専門科目と社会科学両方ダメになってしまう可能性がありますから。これだけ科目数が多いと、本当に公務員試験は勉強方法n効率性と有効性をともに重視していかないといけませんが、社会科学の勉強法1つで効率性と有効性を重視するならば、こういうやり方になるかな?と思います。
関連記事