_ 転勤をしたくない!断りたい場合の拒否できるケースの基準 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

転勤をしたくない!断りたい場合の拒否できるケースの基準

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


転勤はしたくないと思っている方は多いのではないでしょうか?サラリーマンや公務員など、雇用されている方々は常に転勤の可能性があるわけですが、仮に転勤を命じられた場合には、それを拒否する、断ることは可能なのでしょうか?これは可能といえば可能な場合もありますが、まずは就業規則または労働協約をチェックしてみてください。

そこに転勤の可能性がありますよー。みたいな記述があればとりあえず、転勤を命じることも可能になりますが、書いていない場合には、断れる可能性も多少は出てくるでしょう。基本的に記載があると、その可能性を呑んで働き始めたと見なされてしまい、基本的に転勤を拒否するのは難しいと思いますが、書いてなければ、あとは転勤の必要性などを吟味することになります。

つまり、そもそも転勤は必要なのか?転勤を回避するための方法は無いのか?転勤を命じる人材として適切なのか?といった点が考慮されて、最終的には裁判になれば、こういった点により転勤の命令が合法か?どうかが決まります。労働基準法の中には転勤に関する記述がないので、ケースバイケースで転勤が合法になる場合、そうじゃない場合があるはずです。

そして、それは最終的には裁判所が判断するしかないので、どうしても納得いかない場合、転勤を断りたい場合には裁判に持ち込むしかありません。転勤は労働者にとって、非常に負担で、気軽にOKできるものではないため、転勤を命じる根拠がそもそも就業規則や労働協約になければ、本当に転勤をその人にさせないといけないのか?という点が争われることになります。

だから、まずは労働協約や就業規則に転勤を命じるための根拠があるのか?どうかを調べる必要があるでしょう。公務員の場合にはまず存在するでしょうね。民間企業の場合には分かりません。転勤については知識として知っておいた方が良いことがたくさんあるので、公務員もサラリーマンも自分なりに少し勉強しておいた方が良いと思います。転勤をしたくないという方が実際に命じられても、ケースによっては拒否できるわけですから。でも、実際に断る場合には、その知識がないといけませんから、ある程度のことは知っておかないといけないのです。

でも、根拠が仮に記載されていても断ることができるケースもあるので、それについては別の記事で解説します。
関連記事