_ 公務員試験の面接で併願を1つ、専願と答えると危機管理能力の欠如を疑われる? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験の面接で併願を1つ、専願と答えると危機管理能力の欠如を疑われる?

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の面接で「併願指定しているところはどこですか?」と聞かれた場合に、「1つしか受けていない」、「専願です」と答えたら、マイナスなのでしょうか?それが嘘か?本当か?どうかはともかく、そう答えたとしたら危機管理能力がないと思われるのでしょうか?1個しか受けないことが危機管理能力が劣っているとか、言われたら、就職しないで弁護士を目指して司法試験を受けている人間はどうなるんでしょうね?

実際、面接官が危機管理能力の欠如を思うか?どうかは分かりません。ただ、仮にそういう指摘をするとしたら(実際された例も報告されている)、先ほど言ったように司法試験なんて、合格可能性が低い試験に挑戦するために勉強をしている人間はどうなるのでしょうか?当然、彼らは司法試験の勉強に集中しているはずですから、就職活動なんかしていないでしょうし、就職したら勉強に支障が出ますからね。

司法試験を目指している受験生は、当然ずっと受からないリスクも多くあるわけですが、彼らは危機管理能力がないってことなんでしょうか?結果的に合格した人も、合格したから良いけど、危機管理能力がない人たちと言うことになるのでしょうか?それはおかしいでしょう?別に危機管理能力は面接官が指摘する部分じゃないでしょう。余計なお世話じゃないですか?

いろいろな考え方があるのだから、危機管理能力がないことをいちいち指摘する意味が分からないのです。危機管理能力がない人間が公務員に向いていないという指摘は一理ないとは言わないけど、1つしか受けていない人が危機管理能力がないと言ってしまうのは違う気がします。だって、1つだけに専念すれば、その1つの試験種に全力投球できるわけだから、いくつもの試験種に時間を割いた場合よりも合格可能性が、客観的に上昇するでしょう。

だから、1つしか受けない人が危機管理能力がないと断じるのは違うと思いますけど。考え方の問題の違いでしかないです。実際、併願をどのように言うか?で正解はないでしょう。何個も受けていると、どこでも良いのか?と思われているかもしれないし、1つしか受けていないと危機管理能力がないと思われるかもしれないし、どっちをとっても揚げ足はとれるわけですから、どう言っても評価される、されないは面接官次第、つまり運ゲーだということでしょう。
関連記事