_ 最低賃金は引き上げるべき?撤廃すべき?どちらが労働者を救う? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

最低賃金は引き上げるべき?撤廃すべき?どちらが労働者を救う?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


最低賃金を撤廃すべきか?という議論とともに、最低賃金を上げろ!というデモなども起きている。政府は最低賃金1000円を目指して取り組むとしているが、どちらが良いのだろうか?これは論文や集団討論のテーマなどになるかもしれません。最低賃金を上げれば、それだけ労働者の給料が上がり、生活水準が上がるから、安心した暮らしができる。という見方もあるが、それは必ずしも正しいとは言えない。

というのも、労働者の賃金を上げると、単純に人件費が上がることになる。すると、人を雇わなくなり、雇用が減る。できるだけ最低限の人数で、いや無理がある人数でお店を回すなどする企業が出てくる可能性があります。そして、いずれはロボットなど機械が人間の代わりをする時代がきて、人間に高い給料を支払うなら、ロボットにやってもらった方が安いと人間の職がなくなる恐れもあります。というか、これは恐らくいつかは実現すると思うのです。

最低賃金を撤廃すると、単純に雇用が増えるでしょう。時給500円とか、400円くらいでも良いわけだから、それだけの給料じゃ生活できないという見方はあるものの、セーフティネットさえちゃんとあれば問題がないのです。確かにそれだけの時給で生活するのは厳しいと思います。しかし、生活保護があれば、なんとかやっていけるのではないですか?現在も仕事がなくて困っている人がいるのならば、彼らは生活保護に頼るはずだ。彼らが低賃金でも仕事を得られれば、そこで稼いだ給料と生活保護の支給金額の総額は、生活保護だけを貰うときよりも高くなる可能性が高く、低賃金でも働くメリットは存在する。

そして、国としては生活保護の支出金額が減るというメリットもある。さらに、そもそも若年労働者は雇用が少ないため、働く機会そのものがない場合もあり、低賃金でも働く機会さえあれば、経験とスキルが身につく。そして、雇用されやすくなるから、空白期間が生まれづらくなり、その後の就職活動が円滑に進む可能性がある。学生のインターンシップはほとんどタダ働きだから、それを平気でやっている人からしてみれば、僅かで給料が出るほうがマシと考える人もいそうです。

結局、不安定な働き方はセーフティネットさえあれば問題なく機能するんじゃないか?と思いますよ。例えば、最低賃金撤廃を謳った維新の党なんかはベーシックインカムの実現を同時に政策に掲げており、結構まともな案だと個人的には思います。最低賃金を上げるというやり方は短期的に労働者の生活水準を上げるかもしれないが、いずれは自分たちの首を絞めるだけのやり方になるかもしれません。それは機械への大体や雇用量の削減など、企業も人件費削減への対策をするでしょうから。

最低賃金を上げても、撤廃してもメリット、デメリットはあるはずなので、どちらが良いか?は一概には言えませんが、討論や論文で聞かれたときには、どちらかの意見は答えないといけないでしょうから、自分なりの考えを持っていましょう。ある程度予備知識が無いと答えられないようなテーマだと思います。その場で考えても、なかなか説得力のある答えが出そうにないので、あらかじめ考えておきましょう。
関連記事