_ 公務員試験の筆記試験で使う鉛筆の濃さは?本数は何本持って行く? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験の筆記試験で使う鉛筆の濃さは?本数は何本持って行く?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の筆記試験は、基本的にマークシートなので、鉛筆を使って行います。シャーペンがダメか?どうかは分かりませんが、リスクがあるのでやめておいた方が良いとは言えます。問題なのは、鉛筆の濃さです。鉛筆の濃さも恐らく指定されているんじゃないか?と思います。その範囲に収まっていない濃さの鉛筆を使うとどうなるのか?気になる方もいるかもしれません。

これは一応、マークシートを読み取るときに機械が正常に読み取れない恐れがあるということなのでしょう。読み取れなかったらどうなるのか?採点はしてくれないのか?これも分かりませんね。ただ、少なくとも指定された濃さの鉛筆以外を使ってマークした場合、読み取れなかった場合の責任は受験生がとらないといけないでしょう。

ちゃんと指定された濃さの鉛筆を使ったのに、マークが読み取れなかったならば、それは機械が悪いと言えると思いますが。ただ、筆記試験に落ちた場合、実際に何点とれていたか?は分からないケースも多いので、マークが読み取れていなくて落ちたのか?どうかは分からないのですよね。そういう事情はあるものの、鉛筆の濃さは指定されたものを使いましょう。

受ける試験種の受験要項みたいなのに書いてあると思うんですよね。当日の持ち物が書いてあって、その中に鉛筆(HBまたはB)みたいな感じで。だから、探せばどの濃さの鉛筆を持っていけば良いのか?は事前に分かるはずです。現実的には鉛筆の濃さでマークが読み取れないというのは、あまり考えづらいです。よほど薄くマークするとかじゃない限りは。

だから、問題が現実的に発生するとは思えないものの、それ以外の鉛筆を持っていく理由もあまりありませんし、だいたい指定される濃さの鉛筆は家にあるものが多いと思うので、ちゃんと指定された濃さの鉛筆を持って行くようにしましょう。不安を抱えながら試験を受けるのも嫌でしょうから、ちゃんとそういうところは守った方が良いと思います。

ちなみに、持って行く鉛筆の本数は別に何本でも良いですが、折れてしまってマークができないことを考えると、3本くらいは一応持って行きましょう。折れること自体そんなにないと思いますけど、一応予備の鉛筆は何本か持っていきましょう。あとは、論文とか、専門記述の試験なども恐らくあるので、シャーペンも持っていった方が良いですよ。
関連記事