_ 既卒の受験生でも大学時代のこと面接で話しても良いと思う | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

既卒の受験生でも大学時代のこと面接で話しても良いと思う

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


既卒になってしまった人は、基本的にはあまり大学の話題を面接などでは話しづらいかもしれません。それは卒業から時間が経ってしまい、現在大学生でもないので、大学時代のことを話すのは不適切か?という思いがあるからではないでしょうか?大学時代のことを話すのは確かにあまり推奨されていないかもしれませんが、卒業から1年とかの人もいますよね。

転職で公務員を目指すような人は卒業から、5年以上とか普通に経っていると思うので、さすがにちょっとって感じはします。それに転職の場合は会社での経験を生かしての採用ですから、会社の話を持ってこないといけないのではないでしょうか?ただ、既卒の人は結局新卒と同じ中で試験を受けるわけですから、経験者採用ではないわけです。そうなると、バイト経験とかでも良いのですが、バイト経験じゃなくても良いと思います。

卒業からそこまで時間が経過していないならば面接でそういう話をしても良いと思います。現役の大学生だって、去年や一昨年の話をしたりするはずですよ。大学4年生で面接を受ける人が多いでしょうから、1年生、2年生の頃の話を持ってくる人もいるはずです。そういう人は、ある程度時間経っていますが、それくらいの時間ならば既卒の人でも許容範囲ならば、数年以内の話であればOKということじゃないでしょうか?

大学時代の方が話しやすいエピソードがあるという人もいるでしょう。現在フリーターをやっていたり、何もやっていない方もいるかもしれませんが、そういう人は、先ほども言ったように経験者採用ではないので、べつに新卒と同じような話をしても構わないはずです。面接官がどう評価するか?は分からないものの、不適切とまでは言い切れないと思いますよ。そんな卒業してから1,2年で人間が変わるとは思えないので、在学中の話でも構わないのではないでしょうか?

大学を卒業すると、面接で話せる内容は限られてきますけど、そういった方にとってはバイトくらいしかないと思っている方もいるかもしれません。ただ、バイトもしていないと話すことないです。だからこそ、バイトをしている、していないにかかわらず、大学時代の話をしても良いのではないか?と思います。
関連記事