_ 就活の企業選びにおける軸とその理由に関する質問の答え方の例 | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

就活の企業選びにおける軸とその理由に関する質問の答え方の例

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


就職活動をしているときに、質問されることも多いと思いますが、「就職活動における、あなたの軸は何ですか?」といった質問がされる場合もあります。これは就職活動をするにあたって、どういう基準で企業を選んでいるのか?という質問ともとれますが、どうやって答えていけば良いのでしょうか?恐らく、何らかの軸は皆さん持っているでしょう。ただ、それを正直に言うのは、ちょっと憚れるという軸もあると思います。

例えば「給料が高い会社」とか、そういう回答はちょっとしづらいですよね。本当のことだとしても。個人的には軸なんか聞いてどうするだ?という感覚もあります。会社としては、確固たる軸のない人間は雇った場合に失敗する可能性が高いとか、そういうイメージなんじゃないでしょうかね?そうとは限らないと思いますけどね。軸を聞いたところで、恐らく本音は聞き出せないでしょう。

それっぽいことをいってくるケースが多いと思うので、あまり意味のない質問かな?と思えますが、答える側としてはどういう風に答えれば良いのでしょうか?答え方のポイントとしては、「アットホームな雰囲気を感じられた会社」みたいな感じが良いと思います。それはつまり、自分の主観でしかワカラナイという基準です。でも、こういう軸だって非常に大切なものじゃないですか?会社自体、職場の雰囲気は重視したっておかしくないですよね。

で、これの何が良いか?っていうと、自分がそう感じた会社を受けているということだから、少なくとも全ての会社に当てはまるものじゃないし、面接官も否定が出来ません。就活生が思っていることなんだから、内面のことなので、それは違うとは言えないのです。実際、職場の雰囲気を軸にするというのは、咎められるものじゃないですし、悪いことではないと思うので、1つオススメしたいと思います。

これは1つの例なので、明るそうな職場とか、自分がそこで働いたときに楽しそうな会社とか、主観によるものであれば、いくらでも候補はあります。主観なので向こうも否定できません。主観じゃなくて、事実を軸にしてしまうと、面接官に「うちはそういう会社じゃないよ」と言われてしまう可能性があります。ただ、主観は自分がそう思ったんだから、面接官は否定できないのが味噌です。ただ、その会社のどこを見てそう思った?みたいなことを聞かれる可能性もあるので、是非注意してください。
関連記事