_ 公務員試験の面接対策の時期が筆記試験の後か?前か?で差がつく | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験の面接対策の時期が筆記試験の後か?前か?で差がつく

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の面接対策は、多くの場合筆記試験終了後に本格的に始める方が多いと思います。それよりも前に始めている方もいますが、できることは限られています。模擬面接などの本格的な面接対策は、予備校の場合は筆記試験終了後になるのです。ただ、その時期から始めると、あまり時間がありません。そして、回数もこなせません。

面接対策本を読んで、志望動機や自己PRを考えるくらいの軽い面接対策であれば早くから始められます。ただ、特に大切なのは練習です。でも、その練習は予備校で受けるのがメインになるでしょうし、筆記試験終了後なので、本番までの期間もそれほど多くないですし、期間が短い分、何回も受けようと思っても受けられないこともあります。応募者がこの時期は殺到するので、何度でも模擬面接を受けられるとしていても、現実的には限度がありますから。

そうなると、ここで差がつくのは民間企業との併用組です。民間企業は、公務員試験の面接の時期の前からとっくに面接をやる企業も多いです。1月2月くらいはやっているところもあるはずです。だから、公務員試験の面接の時期は早くて5月、6月とかだと思うので、その前に民間企業でかなり回数を重ねている人は、経験値がかなりありますから、場慣れという点ではかあり差がついているでしょう。

民間企業と両立している人はそんなに多くないと思いますが、もしいたらそれは面接において有利な材料にもなります。公務員試験と民間企業の面接は同じではないものの、共通点もありますし、基本的な面接の基礎に関しては同様ですから、模擬面接しか受けていない受験生よりも、民間で本番の面接を何度も経験している受験生の方が受かる確率は高いかもしれません。一概には言えませんけどね。

民間企業と両方受けるのは難しいので、割合としては多くない気もしますが、もし可能ならば面接の練習のためだけに民間企業をちょっと受けてみるのも良いかもしれませんが、やっぱり難しいかな?ただ、最後に言っておきたいのは、模擬面接のような練習を筆記試験終了後に何回か受けただけよりも、それ以前から同様の経験をできている受験生の方が有利な要素にはなると思います。実際、面接対策を実施する時期の早さを売りにしている予備校もあったと思いますから、そこはやっぱり大きな問題になりやすいと予備校側も考えているのではないでしょうか?
関連記事