_ 民法の「抵当権」の分野は基本レベルだけ抑えておけば十分! | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

民法の「抵当権」の分野は基本レベルだけ抑えておけば十分!

特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


民法というややこしい科目の中にさらにややこしい分野があります。それが「抵当権」です。これは私も非常に苦労しましたよ。というか、最後まで完全には理解していませんでした。例えば、スー過去でいったら基本問題はとりあえず全部分かるようにして、応用問題はちょっとだけ、難問問題はもう全く手をつけずという状態でした。難しいから後回しにしていたらやる時間がなくなってしまった。という理由もありますけど...(笑)

したがって、抵当権は基本だけ押さえておきましょう!勿論、抵当権の分野が得意だ!という方はどんどん自分のペースでやっていって構わないでしょう。しかし、私のように問題文を読んでいるだけでも疲れてくるようなタイプの方は抵当権はやるだけ無駄な気もしないでもないです。非常にコスパが悪い分野ですね。基本だけ抑えて、あとは出ないことを祈る!抵当権も絶対に出るわけでもないですから、苦手な分野は苦手なりにやっておけば十分です。大丈夫!抵当権は苦手な人が多いですから、できなくても痛手にはなりません。

よって、抵当権は一応基本レベルの問題だけは解けるようにしておきましょう。それ以外の例えば「根抵当権」などはもうやっても時間の無駄という人も少なくないのが現状です。私も根抵当権の説明の最初の数行を読んだだけで意味プーさんな感じでしたので(笑)民法における抵当権はあまりやり過ぎないようにお気を付けください。
関連記事