_ 公務員試験の択一試験は教養より専門の方が配点高いのか? | 公務員試験の合格を応援します!
【スポンサードリンク】

公務員試験の択一試験は教養より専門の方が配点高いのか?

  • カテゴリ:その他
特別区Ⅰ類に受かりたい受験生に向けたTACの直前対策セミナーが開催されています!教室講義、WEB配信から選べて、教室の場合には定員がありますのでお早めに!扱う内容は総論、政治、経済、法律、論文、面接で、一次試験から二次試験まで、半日くらいかけてバッチリ直前対策が出来ます!2015年度は去年までと比べていろいろと変更点がありますから、この講義で話されるお得な情報によって、受験生の間にも差が生まれる可能性もありますから、TACに通っていない受験生は特にそうですが、特別区に絶対に受かりたい人にはオススメです!
特別区Ⅰ類(事務)対策セミナー申し込みページ


公務員試験の筆記試験でよく言われているのは、専門試験の方が教養試験よりも配点が高いということです。2倍とか言われていることもあります。配点を公表している場合には確実なことが分かりますが、公表していない場合には予測しかできませんが、その場合にはそもそも適切な予測なんかできるのでしょうか?本当に高いのでしょうか?

専門試験の方が、公務員の仕事や業務における関連性が高いということは言えるものの、関連性がほとんどないと思われるような科目あり、あえて配点を高くする意味はあるのか?と思います。受験生が自己採点をするときも、配点を専門試験の方を高くして行っている感じはしませんし、実際、正解した問題数をそのまま点数として認識していることが多いと思います。

そうであれば、受験生は少なくとも専門試験の方が配点が高いとは思っていないということでしょうか?あと、教養試験と専門試験で配点が違うということもあれば、科目間で配点が違うということを言う人もいるみたいなのです。それもありえるのでしょうか?苦手としていそうな科目が配点が高いということになるのかもしれませんが、そうなると数的処理とかですか?

二次試験と一次試験、または択一試験と論文試験などが配点が違うということは言われていますし、実際に公表しているところもあります。ただ、教養試験と専門試験で配点の違いとかが仮にあるとすると、公表していない特別区などでは、従来は論文の配点が高いと言われていますが、それも分からなくなりますよね。だって、択一試験全体の点数(正解した問題数)が多いとしても、配点が違っているとしたら、教養ではたくさんとれたけど、専門であまりとれなかった人は落ちても不思議ではないということになります。

逆に教養であまりとれなかったけど、専門で稼いだ人は一次試験通っても不思議ではなくなります。特別区は点数が低くても通る人、高いのに落ちる人がいる謎が、論文の配点の高さによって説明されてきましたが、本当に?となります。教養と専門で配点が違うということが仮にあるならな、それが原因かもしれないのです。益々、謎は深まるばかりで、考えてもしょうがないです。児湯評されていないところは永遠に分かりませんから。でも、少なくとも教養試験の方が配点が高いケースと言うのは、なかなかないのでしょうね。
関連記事